ホーム

記事一覧

RSS

北ミサイル グアムも射程か 脅威増大

 政府は北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルを新型とみて分析を進めている。焦点は最大射程だ。今回は通常より高い角度で打ち上げ、飛距離を抑える「ロフテッド軌道」での発射とみられ、最も距離の出る角度で撃てば米国の一部が射程に入る可能性がある。北朝鮮のミサイル技術は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「一歩手前まで来た」(自衛隊幹部)との見方が強まっている。(千葉倫之)

 日本全域を射程に収めるノドン(射程1300キロ)は発射から日本着弾まで10分以内といわれる。14日発射したミサイルの飛行時間は約30分間で、日本列島より手前の日本海にミサイルは落下した。14日の発射がロフテッド軌道で行われたとの見方で政府関係者は一致する。

 ロフテッドとみられる発射は過去にもあった。昨年6月22日の中距離弾道ミサイル「ムスダン」は高度約1千キロ超に達したが、飛行距離は約400キロにとどまった。今年2月12日に今回と同じ亀城(クソン)付近から発射された「北極星2(KN15)」も、飛行距離は約500キロと、高度(約550キロ)に比べれば短かった。

<以下省略>

※引用元:

北ミサイル グアムも射程か 脅威増大:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170514/plt17051422360034-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 命を懸けて敵国を滅ぼす覚悟が無ければ国防を語る資格はない。 憲法9条1、2項を削除せずに米国頼りの国防を続けるのであれば日本は腰抜けだ。誇りある独立国ではない。
  • ロフテッド軌道のミサイルは落下速度が速く、迎撃が難しい。現在、海上自衛隊のイージス艦が装備する迎撃ミサイルでは対応が難しく、米国だけでなく日本にとっての脅威も一段と増大している。
  • アベ様に販促かけてもらいたい産経さんが頑張ってグアムから日本人観光客を消そうとしているのかもな。 讀賣に負けてられない、と頑張ってるんだもんな。
  • さっさと を斬首するか、先制攻撃として にウ○コ爆弾(立派な生物兵器?)を空中散布するか。
  • はい、これが新北で対話求めてた韓国新大統領ムンちゃんへの返事です。






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: