ホーム

記事一覧

RSS

ヤマハ、JASRACを提訴へ 教室演奏の著作権めぐり

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、音楽教室大手・ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)が7月にも、「教室での演奏には著作権は及ばない」として、JASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。

 JASRACは来年1月の徴収開始を目指し、教室を運営する各社に使用料を年間受講料収入の2・5%とする規定案を提示し、意見があれば回答するよう要請している。使用料規定は7月にも文化庁に提出する予定だ。

 これに対し、ヤマハや河合楽器製作所など教室側は2月、「音楽教育を守る会」を結成し、JASRACに対し「演奏権は及ばない」とする反論を各社が送付した。さらに使用料規定を出さないようJASRACに指導することを文化庁に要請し、要請に賛同する署名も約3万人分集めた。

<以下省略>

※引用元:

ヤマハ、JASRACを提訴へ 教室演奏の著作権めぐり:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5H5DV7K5HUCVL01R.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 音楽業界、衰退するぞ。 自分達で首を絞めて、あほちゃうか。 お前ら、電通よりもブラックだと、ええ加減気づけや! 成功報酬で初めて両者利を得るんやぞ。
  • JASRACも同業界のプレイヤーと険悪になるのはさすがに望んでいないと思うので、法解釈で権利が認められるとすると、料率引き下げるあたりで手打ちになるのでは。/
  • JASRAC最高裁で負けて下さい。金取り主義。CD売れないのはお前らの努力が足らないから。取りやすいところで補填するな。
  • 「今月30日の会合で訴訟の原告団に参加するよう約350の会員社に呼びかけるが、ヤマハによると複数社が参加を検討しているという。」
  • JASRACが自分達の給料のため、CDの売上が減っている分を別の手っ取り早く取れるところから徴収しようと考えたとしか思えん。ヤマハには頑張ってほしい。
  • いままで誰もが異議を唱えながらも従ってきた見えない敵に挑むのは我らがYAMAHAさん…。 これはめっちゃ面白くなりそうな…。
  • ジャスラックは何がしたいのか。本来の目的からかなり外れているような。音楽文化を壊すジャスラックなのか?今後に注目。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: