ホーム

記事一覧

RSS

「仮眠も労働時間」イオン関連会社に残業代支払い命令

 イオンの関連会社で警備業の「イオンディライトセキュリティ」(大阪市)の男性社員(52)が宿直の仮眠は労働時間にあたるなどとして、未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決が17日、千葉地裁であった。小浜浩庸裁判長は「労働からの解放が保証されているとは言えない」として、原告の請求をほぼ認め、未払い残業代と付加金の計約180万円を支払うよう同社に命じた。

 判決によると、男性は2011年に入社し、都内や千葉市のスーパーで警備の仕事をしてきた。千葉市の店で働いていた13年1月~8月には24時間勤務で、30分の休憩時間と4時間半の仮眠時間があった。

 原告側は「仮眠時間でも制服を脱がず、異常があった際はすぐに対応できる状態を保ったままの仮眠で、業務から解放されなかった」と主張。小浜裁判長は「仮眠時間や休憩時間も労働から解放されているとは言えない」と指摘した。

<以下省略>

※引用元:

「仮眠も労働時間」イオン関連会社に残業代支払い命令:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5K4J0HK5KUDCB00J.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • これマンション管理とかビルメン業界の人なら常識となっている「大星ビル裁判」という有名な判例があるのに、イオンはそれを無視してたってことだな。ブラックな会社だ。
  • 長時間労働で仮眠をするのは、絶対に窮屈としか言えないですよ♥ これなら、オレ自身がわざわざあそこの企業まで電話で喧嘩する勢いで切れるのも考えている形になります!
  • こんなんやってる会社そこらじゅうにあるから、これを機に一人ひとりが面倒くさがらずに同じ動きしたら盛り上がりそうですね。
  • 判決は判決だからしょうがないとして、企業はホント人雇うインセンティブなくなっていきますよね。 労働者も自分で生きてく準備しないとまずい。
  • 裁判所に原爆落としたらという気持ちなんですけど。 まあそれはあかんとは思ってるけど、それぐらい裁判官が嫌いなんです。
  • 裁判官は経理のプロでは? 出来高ゼロで、ただいるだけで給料がでる! そんな判例ではこの国は亡びる。
  • 珍しく真っ当な記事だな…けど何やらおかしな感じがして二度読みすると、単にイオンが敗訴したと言う事に腹を立ててる記事だった!w


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: