ホーム

記事一覧

RSS

「日本は地震予知できぬと認めよ」 学者が科学誌に論考

 日本政府は地震予知ができないことを認めるべきだ――。こう題した論考が英科学誌ネイチャーに18日、掲載された。東日本大震災から6年を経ても、科学的根拠が乏しい地震予知や長期予測に頼っているとして、防災政策を改めるよう促している。

 筆者は米国生まれで、今年3月で東京大教授を退職した地震学者のロバート・ゲラーさん(65)。1984年に来日して以来、日本の地震研究が地震の予知に偏っていることに疑問を抱いてきた。

 論考では、東海地震に備えた大規模地震対策特別措置法(大震法、1978年施行)が、地震の前兆現象の観測を前提にしていることや、南海トラフ地震などの大地震が周期的に起こるという考えに基づき、発生する確率を算出していることについて、いずれも「科学的根拠はない」と指摘している。

<以下省略>

※引用元:

「日本は地震予知できぬと認めよ」 学者が科学誌に論考:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5K6HQ7K5KUBQU014.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 仮に予知できても時間と場所が特定できないと逃げようもなく全く対策取れない。 地震が起きた後の住宅や生活インフラ対応に予算を割くべき。
  • 予知に膨大な予算を使うより被害を最小限に食い止める防災対策や避難計画に使った方が効果的だし透明性も確保しやすい。
  • これ言っちゃうともう関東から東海の太平洋岸には誰も住むな、っていう結論になっちゃうのよね……いつかはともかく起こることは間違いないので。
  • 確かに一理ある。予知が当たらないと、想定外とか言い出し、犠牲者を見下す政府や東電の態度にはほんと腹が立つ。
  • 🌟政権批判なら何にでも食いつく?日本は世界が笑う事をして世界的発明や研究結果を出している国。政権批判で国民をあざ笑う朝日新聞?
  • 昔、いわゆる「東大利権」だから廃止できないと聞いたことはある。ま、昔に比べれば「防災・減災」に比重が置かれるようにはなったと思うが。
  • このお人は学会の中でも異端って話だが、なんで異端なのかは所謂大人の事情…ってにおいがぷんぷんするぜ…。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: