ホーム

記事一覧

RSS

<共謀罪>与党が19日に採決 衆院法務委員会


 「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、与党は19日の衆院法務委員会で採決に踏み切る。自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決される見通しで、23日の衆院本会議での可決を目指す。これに対し、民進党など野党は反発しており、採決は混乱が予想される。

 民進党など野党4党が提出した金田勝年法相の不信任決議案は、18日の衆院本会議で自民、公明、維新3党の反対多数で否決された。

 与党側は19日の法務委で4時間の質疑を行い、質疑時間が目安とする30時間(参考人質疑を除く)に達することから、採決に踏み切る方針。野党側は委員会開催に当たり、採決はしないと確約するよう求めたが、与党は応じず、鈴木淳司委員長の職権で19日の委員会開催を決めた。

<以下省略>

※引用元:

共謀罪:与党が19日に採決 衆院法務委員会 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170519/k00/00m/010/091000c


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • デモクラシーが終わる。 表現の自由が終わる。 報道の自由も終わり、国民の思考を完全に止める止める日がついに来た。 さようならアメリカ さようならニッポン
  • あまり全国ニュースは書かない自分でもこれは注目している。沖縄の重大な問題にも関わっているからだ。おそらく今年の政治のハイライトではないか?ここは自民党は頑張ってほしい。
  • 法務大臣が、構成要件の説明すらできない共謀罪。警察の思うがままの取調べを可能にする、平成の治安維持法。今日、与党は数の暴力を行使して、強行採決するそうです。
  • 安全保障関連法案を戦争法案と言ってたが戦争になったか?共謀罪で監視社会になるとは思えない。工作員排除には有効だろ。
  • 19日は首相出席による締めくくりの質疑を行わないまま、異例の採決となる見通しだ。⇐ 他人事のような報道。これだけ重要な法案を首相抜きで採決しようとする異常さをなぜ伝えない。
  • 結局は強行採決…テロ対策は必要でしょうが、このような言論の自由を制限する可能性のある法律という形になることが良いのでしょうか??
  • 与党はなりふり構わず強行採決に踏み切るか。 国民の人権を侵害し、法務相も理解できていない「共謀罪」。 世に出れば誰もコントロールできなくなる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: