ホーム

記事一覧

RSS

大量発生ビワコムシ、実は人畜無害の“いい虫”だった 琵琶湖の湖底を浄化


 滋賀県のシンボル・琵琶湖で、気候が和らぐこの季節に大量に発生する虫をご存じだろうか。淡褐色で体長1センチ程度の通称「ビワコムシ」だ。ときには住宅の壁や車などにびっしりと張り付く。今年は特に大量発生し、自治体には住民から「気持ち悪い」との苦情も。ただ、迷惑虫の実態は、環境保全に役立つ“いい虫”でもあった。(杉森尚貴)

 「ビワコムシが多いな」。4月下旬、大津市南部の琵琶湖岸。橋や柵などに張り付いた大量のビワコムシに、通行人たちが不快そうな表情をみせた。1歳の息子と散歩中だった大津市の主婦、田中理沙さん(29)は、ビワコムシを避けながら歩いていた。湖岸から約1キロ離れたマンションに住んでいるが、「ビワコムシは4階の室内まで入ってくる。駐車場にもたくさんいて車に大量に付くので、夫が業務用殺虫剤を使って撃退している」と話す。

<以下省略>

※引用元:

大量発生ビワコムシ、実は人畜無害の“いい虫”だった 琵琶湖の湖底を浄化:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170518/lif17051815020008-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 虫にも冤罪か…と思ったり。大量いると不快感があるのは否めないが。救いは市職員に虫の知識があって市民からの駆除要請を断っていたと。市内ホムセンでは同虫向けに害虫駆除売り場も。冤罪晴れて良かったね。
  • 益虫だったとしてもまあ「生活に邪魔」と感じる人はやはりいるでしょうね。今日のニュースで「昨年筍掘りの4人をクマが殺害」とあった熊側の主張的な。
  • 水田近くの光源な住宅に隙間から進入して大量の死骸を残すウンカや繁殖期のシロアリとかの方が深刻だけどな。
  • 去年から予算が2倍になって漁師の収入源になってる藻刈事業の産物だな。
  • 大津パルコだか西武百貨店の入り口に「びわ湖虫が入るので開けたら閉めてください」みたいなのを書いてたのは見たことあるな。
  • 研究者によると、幼虫が湖底の泥の中の有機物を食べる事で「湖底の浄化に役立っている」。生活排水による有
  • 無害なのは知ってるけど、浴槽とかに死体たっぷりなのが嫌なんだよ。 朝起きて、キッチンの窓際にみっしり死骸見てみろww


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: