ホーム

記事一覧

RSS

銀行カードローン、全銀協が調査へ 業界、規制に否定的


 無担保で多額のお金を貸す銀行カードローンを巡り、全国銀行協会(会長=小山田隆・三菱東京UFJ銀行頭取)は18日、各行の過剰融資防止策を調査していると発表した。消費者金融より規制が緩い中で貸付額が急増し、多重債務を起こす懸念が強まっているためだ。一部で貸付額の上限引き下げの動きは出てきたが、業界は消費者金融並みの法規制強化には否定的だ。

 全銀協は各銀行にアンケートを行い、過剰融資を防ぐための取り組みを5月中にまとめ、必要な方策を検討する。借り過ぎを防ぐ啓発活動も始める。18日の定例記者会見で小山田会長は、「カードローン業務をしっかり見直していく必要がある」と述べた。

 銀行カードローンへの視線は厳しい。消費者金融は貸付額に「年収の3分の1以下」という「総量規制」があるが、銀行にはなく、貸付額が急増。日本銀行が18日公表した統計では、2016年度末の残高は、前年度比9・4%増の5兆6024億円だった。

<以下省略>

※引用元:

銀行カードローン、全銀協が調査へ 業界、規制に否定的:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK5L5RSPK5LULFA02Y.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 業界、規制に否定的(朝日新聞デジタル)⇒今頃規制うんぬんは、おかしい。すでに自己破産する人は確実に増加し、消費者金融で問題になったから対策をクレカ業界に行ったが、いまさらと言う感じだ。日銀低金利では、収益悪化の銀行業界のおいしい制度だ、
  • 融資審査の厳格化、広告表現の見直し、さらに外部サイトに表示される広告の見直しなどアフィリエイトにも関わる部分です。
  • 会計マネジメントの基本の教育を奨励するのが先決かな。日本経済の現実をみると規制は逆に危うくする。
  • 保証は傘下の消費者金融が行う。取りはぐれても痛くも痒くも無い。おいしいとこだけ利益もらう。手放すわけがない。
  • ある意味サラ金よりタチが悪いんだよね。遅滞してもサラ金が代弁してくれるからノーリスクだし。






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: