ホーム

記事一覧

RSS

琵琶湖の生態系を脅かすブラックバス 成魚駆除したのに…稚魚激増


 強い繁殖力から琵琶湖の生態系を脅かす外来魚のブラックバスの成魚を一部水域で駆除したところ、ブラックバスの稚魚が急増したことが、滋賀県水産試験場の調査で分かった。他の魚だけでなく、ブラックバスの稚魚まで食べてしまう成魚という“天敵”の減少が稚魚の繁殖を招いているとみられる。県はこれまで成魚を中心に駆除を進めてきたが、繁殖を防ぐには稚魚ごと駆除する必要があるとして対策を研究している。

 同試験場は、琵琶湖の外来魚駆除のモデル水域としている内湖の曽根沼(同県彦根市)で、平成20年から大規模な駆除作戦を実施した。電気ショッカーボートという装置で水中に電流を流して一時的に魚をしびれさせ、捕獲する仕組みで、モデル水域内では成魚の生息数が減少。1時間あたりの捕獲数は23年度に6・75匹だったのが、25年度には3・06匹とほぼ半減。27年度には0・52匹とほとんどいなくなった。

<以下省略>

※引用元:

琵琶湖の生態系を脅かすブラックバス 成魚駆除したのに…稚魚激増:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170520/lif17052015450010-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 大規模駆除やったあとに、奇形のバスが増えるってレポート(=本来は相当量の子食いが行われている)があったはず。こういう情報共有ってされてないのだろうか、と。
  • 成魚の減少は個体数を増やそうとする傾向になるのは、随分前から言われてないかい?釣ってる自分からすると、自然な流れだと思う。
  • これは、まさかの展開。 魔王を倒したら、魔王軍の師団長達が随所で再起した、みたいな話?(笑)
  • 琵琶湖クラスのサイズの湖の生態系の復活させるのは無理だと思うわ。どれだけ駆除したところで、必ずバスは繁殖するし。結局、国内でバスプロの活動がある限りいたちごっこよね
  • こうなる事は予め、判ってたのに、駆除ジャー!と学のない漁師と、バカな政治家がタッグ君でこのざま⇒琵琶湖の生態系を脅かすブラックバス
  • タレントの清水国明とかいう現おじーちゃんが暴れて、放流しまくってたアレじゃろか…??


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: