ホーム

記事一覧

RSS

米F-15C、早期退役か? 空自主力機と同型 背景に厳しい台所事情


米空軍は、航空自衛隊の主力戦闘機F-15Jの同型機であるF-15Cに関し、早期退役案を検討しています。あと30年は飛び続けられるともいわれるF-15Cですが、どのような事情があるのでしょうか。

 2017年5月現在、アメリカ空軍では、かつて「最強」とうたわれた主力制空戦闘機F-15C「イーグル」の退役を前倒しにし、性能にやや劣るものの安価なF-16をもってこの代替にするべきではないか、という案が検討されています。

※引用元:

米F-15C、早期退役か? 空自主力機と同型 背景に厳しい台所事情

https://trafficnews.jp/post/71089/


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 延命を図るなら運用機数を減らして運用する機体の部品を確保、その間にフレームの改修と部品のアップグレードかな。
  • 費用が高い、機密事項が多い、等々を考えると中古市場にも出せないので、退役となると、最悪砂漠でモスボールかぁ。
  • 航空軍事評論家ねぇ、何言っているの?現在のF15が既に補完戦力になりつつあるってだけでしょ。別に自衛隊なんて関係ないわ、未だにF4飛ばしているし、F86F完全に退役したの最近だよ。/
  • くれw。スクランブルで消耗する分の部品取りとか。F35の武器庫と護衛になる無人機の試作とか。
  • 本当にそうなるかは定かではないけど、空自は中古F-15C/Dを買いこんどいた方がいいような気がする。日本の航空戦力維持も厳しくなるだろうからね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: