ホーム

記事一覧

RSS

<9条改正>賛否惑う 世論調査結果、各社でばらつき


 安倍晋三首相が3日、憲法の9条1項と2項を維持した上で自衛隊の存在を明記する改正案に言及したことについて、報道各社の世論調査結果が出そろいつつある。ところが、比較すると傾向は一様ではない。質問や回答の選択肢が違うためだ。条文をどう書くかは自民党内でも本格的な検討が始まっていない。9条改正賛成派も反対派も、今の段階で結果に一喜一憂するのは早いと言えそうだ。

 最新の数値は20、21両日に調査を実施した毎日新聞と共同通信。毎日は首相の9条改正案への賛否を3択で聞いた。結果は「わからない」32%▽「反対」31%▽「賛成」28%--とほぼ並んだ。

 回答に「わからない」を設けたのは、首相が具体的な条文案に踏み込んでいないためだ。9条2項が保持を禁じた「戦力」と、「日本を防衛する必要最小限度の実力組織」の自衛隊をどう整合させるかは、実はそう簡単ではない。首相が言うように自衛隊の違憲性を解消するのが目的なのか。それとも、自衛隊の役割を拡大する意図があるのか。そこが明確にならない現状では、回答をためらう有権者がいると考えた。

<以下省略>

※引用元:

9条改正:賛否惑う 世論調査結果、各社でばらつき - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170522/k00/00m/010/124000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 日本が平和ボケと言われて久しい。中国、北朝鮮の国際法を無視した数々の侵略行為で、日本国民はやっと平和はタダでは堅持不可能である事を覚醒したのが本音。 自然災害等でも誰が救出できるか?可能なのは自衛隊だけである。
  • アンケートの作り方で結果が変わることがよくわかる記事。調査結果を捏造することに比べれば、この程度の作為はまだマシと思うべきか? 受け止める我々の知性が問われるな。
  • 安倍政権。何がなんでも改憲に持っていくよう巧妙な手口を使うだろうな。 でも、誤魔化されはしない。 胸に手を当て、一呼吸おき、概念を精確に理解すれば大丈夫だ。
  • 「国民発の議論でないため有権者の理解は進まず、このままでは関心の低下を招きかねない。国民の理解が進んでいるか、継続的に注視していく必要がある」(西田亮介・東工大准教授)
  • このような改憲への刺激が首相発言の目的だと考える。具体的な内容は、今後の議論だろ。 記事に「国民発の」と有るが、どのような? アクセス:9条改正、賛否惑う 自衛隊明記、首相の狙い不明
  • 個人的には憲法9条の二項だけ削除したうえで、新たに自衛隊の存在を明記した二項にすべきと思う。 ともかく、自衛隊が軍ではなく警察ぽい扱いのままは良くないのは明らか。
  • アンケートって、質問のしかたで、誘導可能なんだよね。アンケート比較してる記事があることこそ、ミスリードを避けるのに役立つものだと思う。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: