ホーム

記事一覧

RSS

悲しきかな、クルマ離れ。それでもクルマ文化は引き継がれる


「クルマ好き」という言葉をとんと聞かなくなった昨今。とりわけ「若者のクルマ離れ」が自動車業界にとっては将来への懸念材料の一つになってきているらしい。いや、むしろこの日本の社会全体で、クルマに対しての関心が薄くなっているのを感じる。

そのいい例が、クルマ関係の書籍の減少。クルマに限らず書籍全体のボリュームも縮小傾向にあるのかもしれないが、クルマをいわゆる「趣味」のカテゴリーとして捉えるならば、それぞれの趣味の隆盛を推し量る「雑誌」の種類で見ても、他の趣味に対して相対的にマイナー化の傾向が見て取れる。

続きを読む

失敗しない投資信託の選び方:おさえるべき3つのNGと6つのポイント

日経新聞が無料で読み放題? ネット証券のお得な活用法

ロボットが教えてくれる!私にぴったりの資産運用って? [PR]

<以下省略>

※引用元:

悲しきかな、クルマ離れ。それでもクルマ文化は引き継がれる もはや「愛車」は死語? ~クルマと遊ぼう(1) | 投信1 | 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門

http://www.toushin-1.jp/articles/-/3274


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 花粉症の原因になっている排気ガス垂れ流しの車など乗る訳がない。自動車業界優遇する為にタバコの害の何百倍も有害な排気ガスを垂れ流し国民が被害を被る。
  • EVやら燃費合戦でコスト面の情報しか出てこないから、公共交通機関程度に思うのかね。どっちがオトク?
  • 軽自動車のサイズ拡大が曲がり角だと今でも思ってる。あれで軽自動車は、日本が誇る小型モビリティの傑作という枠組みから、単なる税金対策に成り下がり、結果日本には軽自動車が溢れて魅力的な普通車がなくなっ...
  • 自分40代で若者では無いけどこの感じはかなり気持ち悪い。私と「この」車の関係が特別なのはわかる。それは他人と共有できないからこそ良いのでは無いかな。
  • 40ウン年前、社会人に成り立ての伯母が初めて車を買った時は、オンボロの車をたったの5万円で買って、嫁ぎ先から実家まで帰ってきたとか。












関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: