ホーム

記事一覧

RSS

「ひきこもり支援うたう団体」に連れ去られ、軟禁…被害女性、悪質ビジネスの実態訴え

ひきこもり・自立支援をうたった団体について被害者同士がつながる機会を作ろうと、被害者や支援関係者が 5月22日、東京都中央区で記者会見を開いた。会見には主催した20代女性とその父のほか、元職員の40代男性など被害者3人、精神科医の斎藤環氏、ひきこもり新聞の木村ナオヒロ編集長などの支援者が出席した。

会見した20代女性は2015年秋、親子喧嘩を相談しようとした母が自立支援団体の「なんでも相談」に電話したのをきっかけに、ひきこもりではなかったが強制的に連れ去られ、その後3か月にわたって施設で殴る蹴るの暴力を受けながら軟禁状態を強いられたと主張している。「施設と警察と親に殺される前に逃れる方法はないんじゃないか、と追い詰められました」と涙ながらに振り返った。

女性の母は契約金約570万円の返還など損害賠償を求める訴えを起こしている。代理人の望月宣武弁護士は、ひきこもりの問題は医療と福祉の狭間の中で起きていると指摘。「ひきこもりは必ずしも精神疾患を背景にしておらず、医療としてはカバーができず、福祉の面からもバックアップもない。最近は何らカリキュラムもなく賃貸アパートの一室に連れて行かれるケースが多く、手軽なビジネスのようになっている」と話した。

<以下省略>

※引用元:

「ひきこもり支援うたう団体」に連れ去られ、軟禁…被害女性、悪質ビジネスの実態訴え

https://www.bengo4.com/c_8/n_6120/


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • ライセンス制度を作り、適切に支援できているか定期的に確認。不適切な場合は、最悪ライセンス剥奪。後は、確認する第三者か…。
  • 親は慰謝料がっぽり取れて幸せ、子供は慰謝料で引きこもれて幸せ。Win-Winじゃね?
  • まあ別にいいんじゃない?引きこもりなら。そのまま生きててもろくなことにならないし。騙される方がいい薬になるだろ。
  • ニートは社会で養護しよう。みんなの税金で食べさせてあげよう。働きたくない人は働かなくてもみんなのお金で暮らせるようにしよう
  • いっそ弱い物は搾取(安楽死)して強い物だけを残したらええんじゃないか?そうなった場合の結果は企業の縮小だろうけどな
  • ひきこもりが相手ならヤクザ紛いの事をしようが無問題、って考える輩が居る内は解決しないだろうな。
  • 十何年くらい前にテレビで、引きこもりの男性に変な団体が突然殴りかかったり水ぶっかけたりしてるの流れてた。





















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: