ホーム

記事一覧

RSS

生理休暇取得1%割れ 男女雇用機会均等法も影響


 労働基準法で定められた生理休暇を取得する女性従業員の割合が、0・9%にまで低下していたことが25日、厚生労働省の調べで分かった。ピーク時の26・2%(昭和40年)から大きく減少。男性と同様に働く女性が増加する一方、妊娠・出産に向けた母性の保護の後退が改めて浮き彫りになった。

 生理休暇は昭和22年制定の労働基準法で、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と定められている。そのため、厚労省は一定規模以上の事業所に女性従業員の生理休暇の取得状況を調査。一日でも取得した人を示す取得率は35年に19・7%、40年には26・2%と、一時4人に1人が取得していた。

 しかし、その後は雇用における男女平等を求めた男女雇用機会均等法成立への流れの中で取得率が減少。同法が制定された60年には9・2%となった。さらに、平成11年の改正法施行により、女性の残業や深夜労働などを制限した女子保護規定も撤廃され、男性並みに働く女性が増えたとみられるが、15年度は1・6%、26年度には0・9%にまで落ち込んだ。

<以下省略>

※引用元:

生理休暇取得1%割れ 男女雇用機会均等法も影響

http://www.sankei.com/life/news/170526/lif1705260042-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 均等法結構時間経つのに未だに牙城がある。昨今の政権は所謂「保護」の文字がつくのを嫌う傾向にあるからなぁ。
  • こういう福利厚生があったとしても自分なら取れないな…。周期などの問題もあるし、先月と今月で時期が違う?不順なの?とか総務に言われたりするのかな
  • 女性しか居ない様な職場ならまだしも、女性用下着メーカーや化粧品会社でさえ野郎が混在して働いてるのが普通なのに、こんな公開セクハラみたいな真似、まともな人なら誰も利用しないでしょ… 煽り耐性つく年齢の頃には閉経してる気がするわ(汗
  • 女性の社会進出を強引に進めた結果として、女性を苦しめる結果になっている。これこそ女性差別の何物でもない。
  • 性差を認めた上での機会均等でなければ、全てが女性に負担がかかってしまうのでは?女性特有の理由で休暇を申請すると『我が儘』と捉えられる事を変えなければ。
  • 一般の病欠じゃいけないのかな?母体保護を考慮し、女性は男性に加えて病欠を取れる日数が多いとか・・。そういう方法はないのかな。
  • これ、違うと思うんだけど。『生理休暇』って名前で取らないだけなんじゃない?生理休暇って無給じゃなかったっけ?それなら、未消化の有給休暇を使うわ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: