ホーム

記事一覧

RSS

災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ

 環境省は早ければ今秋にも、災害時のペットの保護や飼い主の責任を定めたガイドラインを改訂する方針を固めた。昨年4月の熊本地震の教訓を踏まえ、自治体にはペットをほかの被災者と分けて保護すること、飼い主らには避難所以外の預け先も確保しておくよう求める見通しだ。

 東日本大震災後の2013年、環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を初めて策定した。ペットが逃げ出して防疫上の問題になったほか、飼い主が連れに戻って二次被害に遭う事例があったことから、ガイドラインでは「同行避難」を基本として、飼い主にペットを入れるケージなどの準備を促し、自治体には避難所や仮設住宅で可能な限りペットを受け入れるよう求めた。

 しかし熊本地震では、避難所に入ったペットに対する苦情も少なくなかった。内閣府が避難した377人に聞いたところ、35・5%の人が避難所にペットを入れてほしくないと回答した。避難所でペットの受け入れを拒まれ、飼い主が車中泊を強いられるケースもあった。

<以下省略>

※引用元:

災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK585HRLK58UTIL04D.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • うちの猫は片方はビビりだから、絶対離れられないな。餌も好き嫌いあるし、実家の猫は療法食。犬猫なんて一緒くたまとめとけ、くらいにしか考えてないように思える。
  • ペットの避難に関しては、「絆」や「みんな一緒に頑張る」とかは通用しない。アレルギーや動物嫌いの人は現実に居るから。ムダに動物が嫌われな事がよう、配慮が必要。
  • タバコと似たようなもので、うちの姉は犬にトラウマがあるから近寄りたくないのに、犬(ペット)飼ってる奴らはみんなが犬好きだと勘違いしてる。
  • まだまだ課題はありそう。我が家はキャリー、洗濯ネット、リード、車用のゲージとトイレを備えている。 dメニューニュース:災害時のペット、避難所以外の預け先確保を
  • うちも犬いるからなぁ。キャンプ用の装備あると確かに楽だわな。
  • 首都直下型地震に備え、環境省だけに預けるのではなく、幅広いステークホルダーが話し合った方が良いんじゃないかと思います。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: