ホーム

記事一覧

RSS

未経験のアユ不漁、琵琶湖に重大生態系異変?

 「やっぱり細かい(小さい)な」。15日の早朝。大津市和邇今宿沖のエリで、網をたぐり寄せた漁師の三田村進さん(64)はつぶやいた。この日の漁獲は25キロ。100キロを超える日もあった去年と比べると格段に少ない。ただ、その表情には笑顔ものぞいた。今季の不漁では、200グラムしか捕れない日もあった。「まだまだ満足できないが、全体的に戻ってきた」。三田村さんの願いは少しでも長く漁獲が続くことだ。

 県漁業協同組合連合会によると、今年1月から4月27日までの活アユの漁獲量(エリ)は、琵琶湖全体でわずか2トン。平年並みだった前年の14分の1にとどまっていた。ところが、28日から南湖を中心に漁獲量が急回復。県内で1日に1トンを超える日も増え、年初からの累計(15日現在)は前年の3分の1程度にまで差が縮まってきた。

 ただ、「いつまで続くか、楽観はできない」(県漁連)との懸念は根強い。昨年5月下旬には漁獲が急に途絶えた例もある。「不漁になった原因も、回復してきた原因も分からない」(志賀町漁協)という現状がさらに漁業者の不安を募らせている。

 滋賀県は、昨年秋の産卵のピークが例年よりずれ込んだためにアユの成長が遅れ、沖合からエリがある沿岸に移動する時期も遅れたと推測している。ただ、4月の魚群調査では、魚影が3月の252群から102群に減っていたほか、アユの体長も例年4月は5~6センチのところ、4センチ程度と小ぶりだったことなど説明しきれない疑問は多い。県は原因究明に力を注ぐが、職員は「これまでの常識と違っている」と戸惑いを隠せないでいる。

<以下省略>

※引用元:

未経験のアユ不漁、琵琶湖に重大生態系異変?

http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20170528000110


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 琵琶湖だけでなく、日本の川や池に繁殖する外来魚の影響は各地で深刻。ちなみにアライグマ等が繁殖する陸地もかなり酷い。外来種を捨てるからこういう事になる。
  • “水位調整や護岸整備による砂浜やヨシの減少、外来魚の増加などで環境が徐々に変化し、これまで多くの在来種が数を減らしてきた。”
  • 大津付近の湖岸はコンクリートで固められ、無機質な景観を呈している。水草が育たない。虫も育たない。自然を破壊した人間に対する報復だろう。
  • |「これまで多くの在来種が数を減らしてきた。それでもアユだけは、人工河川に親魚を放流する増殖事業まで行ってきた。「アユだけは大丈夫とたかをくくっていた面もあった」」
  • タイムリーにバスの増加のニュースも先日報道されてたよね。当然ブルーギルもだろうけど。観光資源になってるとはいえ、外来魚を駆除する目的で大会を開き、みんなで食べるというイベントをするべきだよ

















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: