ホーム

記事一覧

RSS

舛添前都知事、辞任後初の著書「都知事失格」6月2日に発売


 舛添要一前東京都知事(68)の著書「都知事失格」(小学館、1404円)が6月2日から全国の書店などで発売される。

 昨年6月に政治資金問題などで辞任して以降、初の著作。舛添氏は辞任表明以降、沈黙を続けていたが、復帰後“第一声”となる。

 第1章では「誰が私を刺したのか」として、公私混同問題や政治資金問題が浮上してから辞任まで激動の3か月について触れている。豪華すぎる海外出張も批判を浴びたが「ファーストクラスは悪なのか」などの刺激的なタイトルが並ぶ。「韓国訪問とヘイトスピ―チ」についても言及し、小池都政についても論評。「反省と後悔と、小池知事への伝言」としている。

 舛添氏は東大法学部卒で国際政治学者として活躍。99年に都知事選に出馬したが落選。2001年の参院選で自民党から出馬して初当選。厚生労働相などを歴任したが、10年に自民党を離党し、新党改革を設立するも党勢拡大はならず、13年7月の参院選への出馬を見送った。

<以下省略>

※引用元:

舛添前都知事、辞任後初の著書「都知事失格」6月2日に発売 

http://www.hochi.co.jp/topics/20170529-OHT1T50116.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 乞食登場。公約(福祉改善)は無視し、美術館の視察を繰り返す。変な中国服を着ては書道に励む。疲れたら湯河原に温泉通う笑。それでは妻に愛想をつかされて何度も離婚されますね笑。
  • 百合子のお陰で存在が薄くなっちまったが、お前の御祓は済んでいない。勘違いしやがって。お前はお前で最低な都知事だったぞ。ただ無責任に何でもホイホイ進めただけ。
  • 別荘は売ったのか?美術品はどうなったんだ? マスコミも何故か追いかけないが、二度と出てくるな。
  • 印税という形で彼の懐を肥やして差し上げたい方はどうぞお買い求め下さい。私はお断りします。
  • 安倍内閣がやってることに比べたら、なんともちっちゃな案件で…。、棚上げして、安倍叩きに回ってほしい
  • 【舛添前都知事、辞任後初の著書「都知事失格」6月2日に発売】うわあ!自己陶酔感えぐー!まさか買う人いないでしょうね…


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: