ホーム

記事一覧

RSS

解雇トラブル金銭で解決 厚労省、制度導入本格検討へ 「解雇助長」労働界強く反発

 解雇トラブルの際に労働者に金銭を渡して解決する「不当解雇の金銭解決制度」導入について、厚生労働省は今年夏にも法改正に向けた本格的な検討を開始する。有識者検討会は29日にまとめた報告書で、厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会で議論するよう提言した。労働界は制度導入は「解雇を助長する」と反発を強めており、議論の先行きは見通せない。

 労働契約法で企業による解雇権の乱用は無効とされているが、解雇を巡る紛争は後を絶たない。現行では労働審判や訴訟などで解雇が無効と認められれば、職場復帰することができる。しかし、会社との関係が悪化し、職場復帰が困難なケースもある。

 今回の報告書は、制度について検討会で賛成反対それぞれの意見があったことを示した上で、「労働者の多様な救済の選択肢の確保等の観点からは一定程度(必要性が)認められる」とした。解決金の水準は「上限、下限等を設定することが適当」と記した。制度運用は解雇された労働者側の申し立てを原則とし、企業側の申し立ては「現状では容易でない課題があり、今後の検討課題」とした。

※引用元:

解雇トラブル金銭解決 厚労省、制度検討へ 労働界強く反発 | どうしんウェブ/電子版(政治)

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0404975.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 「解雇助長」労働界強く反発(北海道新聞)Yahoo!ニュース 安倍政権の産業競争力会議民間議員で大手人材派遣会長の竹中平蔵氏が推進した雇用改革。
  • 額次第。賃金一月分とかなら嫌だけど、正規非正規問わず賃金の10倍以上+退職金(税金は会社負担)とかなら応じてくれるんじゃない。
  • 人材の流動性を高めるためにもここはもっと柔軟でいいと思う。 そんでもって正規と非正規の扱いの差をなくすようにすればいい。
  • 僕は大賛成。仕事が出来ない社員が居座り続ける事も問題だし、学歴無関係で試し雇用できる事はチャンスが広がる。
  • これ、金額や計算式の目安が全くないまま賛成・反対の議論をしてもねぇ・・。100億くれるって話なら、ほぼ誰も文句言わないはずだし。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: