ホーム

記事一覧

RSS

日産役員、報酬2割増 ゴーン会長は10億円超

 日産自動車の2016年度の取締役9人の報酬が、前年より2割多い計18億3800万円にのぼることが分かった。カルロス・ゴーン会長が前年度と同じ10億円を超える規模の報酬を維持し、西川(さいかわ)広人社長も大幅な増額だったとみられる。

 取締役の数が実質的に同じだった15年度は計15億3700万円で、うちゴーン氏が10億7100万円、西川氏が約2億円を占めた。16年度に取締役報酬として増えた約3億円の大半は西川氏の増額分で、三菱自動車を傘下に収めるのに伴い、16年11月からゴーン氏と並ぶ共同最高経営責任者(CEO)に就いたことを反映した。西川氏は、17年4月からは社長兼CEOに就いている。

 ゴーン氏の高額報酬には批判も根強く、15年には仏ルノーからも725万ユーロ(約9億円)の報酬を受けたが、株主総会ではこの報酬の議案に過半数が反対した。だが、ルノーは16年分も約700万ユーロを支払う議案を示している。16年度のゴーン氏の報酬には、16年12月から会長を務める三菱自の報酬も加わる。(青山直篤)

※引用元:

日産役員、報酬2割増 ゴーン会長は10億円超:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK615RLWK61ULFA02L.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • ルノー、三菱分合わせて一体幾らになるの。一生かけても使い切れないカネを手にするのが幸せなのだろう。黒字企業にする為にルノーから呼ばれた首切り役人。今まで何人整理し続けたのかな?
  • 大幅な人員削減 工場閉鎖をして役員報酬を一億円以上取った。彼の出現以降 株主配当増やせば役員は1億円以上の報酬をとれる風潮ができ、結果としてその場しのぎの経営者が増えた。=東芝>日産役員、報酬2割増
  • この感覚って、何かが変だと思いませんか?世界の富をごく少数の人間が奪う感覚が企業の正義ですか?もう日産は買いたくない…
  • 仏の株主総会では否決されたゴーンの高額報酬が罷り通るようでは、この国はネトウヨの言う意味ではなく、ホンモノの「不良外国人」に食い物にされるだけだと思うが…。
  • 企業のお偉いさんはお客様のため、ましてや社員のために働いているのではない。企業のため強いては自分の金のため…。














関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: