ホーム

記事一覧

RSS

ケイ氏、人権団体と関係…公正に疑問符


 国連人権理事会の特別報告者、デービッド・ケイ氏は、上智大学での記者会見に先立ち、国会内で講演した。講演を主催したのは、国連の関連イベントなどで慰安婦を「性奴隷」と宣伝する人権団体「ヒューマンライツ・ナウ(HRN)」。ケイ氏は会見で自身が中立・公正な立場であることを強調したものの、日本政府には同氏とHRNのような組織との関係を懸念する声がある。

 ケイ氏は記者会見で「政府に敵対的なわけではない」と述べた。一方、HRNは公式サイトで「意に反して『慰安婦』とし、監禁して性奴隷にしたことが重大な人権侵害だ」と事実と異なる記述をしている。

 政府はケイ氏が昨年4月に来日して以降、「報道の独立の危機」や「歴史教科書への政府の介入」など同氏が問題視する点について、事実誤認を改めるよう求めてきた。ケイ氏の報告書に法的な拘束力はないが、1996年には特別報告者のクマラスワミ氏が慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出し、韓国政府や日本の活動家に利用された経緯があるためだ。

<以下省略>

※引用元:

【国連反日報告】デービッド・ケイ氏の背後に“人権団体” 中立・公正に疑問符 

http://www.sankei.com/politics/news/170602/plt1706020053-n1.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 会見場所が上智大学。それに、直ぐに露見する支援組織。底の浅い繋がりで、批判することだけが生きがいのような連中と付き合うとは。「国際機関」の名前が欲しいヤクザな外国人と何ら変わらない。ヤクザでも「高学歴」は吐いて捨てるほどいる。
  • ここまで媚びても安倍晋三にスルーされて「私の考えは読売新聞に書いてある」と言われちゃう産経珍聞のみじめな姿は、安倍に媚びるネトウヨたちの姿そのものだな。役に立たなくなれば、籠池のように切り捨てられる。
  • 人権蹂躙が最大の問題国、支那でこのように堂々と発言できるか?即刻逮捕されスパイ容疑で監獄入りだろう。日本じゃ国連の名を借りたプロパガンダが堂々と展開中だ。この男の後ろには反日団体が見れ隠れする。
  • 人権、表現の自由に関する理論は世界共通なので監査法人の監査意見と同じでしょう。日本がこの分野が悪いのは世界的に有名だし報告内容が悪いのは当然です。反日とか不公正とかいうのは国際感覚が欠如してます。
  • 反対活動家も偏向マスコミも言いたい放題、批判し放題の現状だが、国連を笠にそういう団体と組んで政権批判をする事は、公平公正性に明らかに反する。政府も国連に見解を問うべきだ。
  • 産経の解説が毎度のことながら酷い。完全に内輪向けで、産経愛読者にしか通用しない理屈を堂々と繰り返す。愛国と反日と云うカテゴリーでしか状況を判断出来ない様です。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: