ホーム

記事一覧

RSS

責任教諭「生徒に進みたいと言われ」 那須の雪崩事故


 栃木県那須町で登山講習中の高校生ら8人が亡くなった雪崩事故で、死亡した生徒の班を引率した責任教諭(48)は何度か途中で引き返そうとしたものの、最終的には計画外のルートを進む判断をして雪崩に遭ったと説明していることが分かった。「雪の状態や斜面の角度から大丈夫だろうと考えたが、状況判断が甘かった」と話しているという。3日にあった県教委の検証委員会で、こうした内容が報告された。

 事故は3月27日、県高校体育連盟登山専門部が開いた登山講習会で起きた。検証委の調査によると、当日は悪天候のため3人の責任教諭が登山の中止を決め、雪中を進むラッセル訓練に変更。責任教諭の1人は大田原高校の生徒の1班を、別の引率教諭(死亡)と2人で担当した。ゲレンデから樹林帯を抜けたところでいったん訓練を止めた。だが「もう少し上に行きたい」という生徒の希望があり、この責任教諭が計画にはない大岩を目指すルートを選んだ。

<以下省略>

※引用元:

責任教諭「生徒に進みたいと言われ」 那須の雪崩事故:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK634K9RK63UUHB001.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッカー


ネットの反応

  • 死者に口無しか本当の事なのか。 どんなに話を出しても雪崩は発生して、生徒達の生命は失ったのは過失でなく事実として教諭は背負う責任はあるんだよ?
  • おいおいおい! 死人に口なしか? 生徒のせいにしてまで責任から逃れたいか! 犠牲になった生徒さんの親子さんが聞いたら憤りを感じるだろうね! 悲しい・・・
  • 全てが意味不明なんだが。弁解しようと管理者とは思えない発言で全てがアウト。
  • 責任者がメンバーの「勇み足」に押し切られて判断を誤ったことは 、八甲田山死の彷徨と同じであるよ。 日本ではメンバーが責任者より強硬なことが多いように思う。
  • 要は、責任感が無いから現場でも決断できないし、責任回避としてこういう事を口にしちゃうんでしょ。責任感じてたら言わずに墓場まで持っていくって手もあったかな。
  • 前進を要求した生徒の発言は確認してるの?まさか死人に口なしでは無いよね?言ったとして引率者はどっち?
  • ウソかホントかはおいといて、どこまで保身に走るのかね? 死人に口なしをいいことにマジで汚いわ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: