ホーム

記事一覧

RSS

「受動喫煙対策」調整行き詰まり 折れぬ塩崎氏、法案“迷走”


 5月30日に国会内で行われた慎重派の自民党たばこ議員連盟の臨時総会。野田毅会長はそう経緯を説明し、会合後、記者団に「大臣は法案を潰したいのかね。禁煙原理主義に付き合ったらろくなことがない」と塩崎氏をこき下ろした。

 党政調会と塩崎氏は飲食店の対応をめぐり終始対立した。厚労省案では「食堂、ラーメン店」「居酒屋」などと分類した上で原則禁煙とし、喫煙専用室の設置を容認。30平方メートル以下のバーやスナックなどを規制対象外とした。

 これに対し、茂木敏充政調会長、田村憲久政調会長代理、渡嘉敷奈緒美厚労部会長らが自民党案をまとめたのは5月上旬。自民党案では中小の飲食店の影響を指摘する声が強いことにも配慮。業態による分類はせず、「飲食店」としてひとくくりにした上で、神奈川、兵庫両県の条例に準じ、客室面積は100平方メートル以下、厨房(ちゅうぼう)は50平方メートル以下の計150平方メートル以下を規制対象外にした。

※引用元:

「全てがストップ」受動喫煙対策の調整行き詰まり 折れぬ塩崎氏、法案“迷走”:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/170607/lif17060708000002-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • ネックは茂木敏充か?栃木県特別特産物の代物利権vs五輪前の国際基準を目指す塩崎氏。総理は厚労省側に立ち党調整と官房長官へ指示をすべきなのに、この能無し振り。
  • 自民党タバコ賊、すなわちタバコ産業からカネをもらって、国民のことなど考えない、タバコ優位のために権力を振りかざすクズどもとの調整です。 国民は怒る時ですゾ!
  • ここまでの支持率を持っててもこの程度の党内の反対意見で大荒れとは。トップの統率力に懐疑的にならざるをえない。まあ憲法以外はどうでもいいのか知らんが
  • 百害あって一理ないならタバコは止めるべき。依存性が高く止められないは嘘。 俺はきっぱり止めた。
  • ←迷走させているのは、あほーたん率いるタバコ議員とタバコで私財を増やしている人間だと思う。受動喫煙の被害者の声はすでに大臣に届いていると見た!
  • 人事(塩崎氏を厚労大臣から外す)で厚労省案を自民党が潰してくる強硬手段の可能性が出てきたか…あのクソみたいな新専門医制度も塩崎さんが止めてくれてるんだよね。外されるとマズい
  • >最終段階で塩崎恭久厚生労働相が拒否したことで、調整は行き詰まった またサンケイか。もくもく会の御用新聞。 どっちが正しいか、国民は見ているぞ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: