ホーム

記事一覧

RSS

<国会>与党、会期小幅延長を検討 「共謀罪」法案成立期す


 自民、公明両党は7日、「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の今国会での成立を確実にするため18日までの会期を小幅延長する方針を固めた。

 参院は7日の本会議で民進党が提出した秋野公造法務委員長(公明党)の解任決議案を与党などの反対多数で否決。しかし、野党はさらに金田勝年法相の問責決議案提出などで徹底抗戦する構えを見せており、この法案の会期内成立は危うくなっている。

 民進党は7日の執行役員会で、廃案に向け「あらゆる手段を講じる」(安住淳代表代行)ことを確認した。金田法相問責決議案のほか、衆院への内閣不信任決議案の提出などを検討している。民進党や共産党など野党4党の党首は8日に会談し、終盤国会での対応を協議する。

<以下省略>

※引用元:

国会:与党、会期小幅延長を検討 「共謀罪」法案成立期す - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170608/k00/00m/010/182000c


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 前・文部事務次官に続いて、現職の文部省職員も口を開き始めた。NHKも報道の仕方が変わってきた。内閣支持率も下がった。けれど、自公維新の賛成多数で共謀罪法は通ってしまうのだろうか。逆引きで、なんとかそれを阻止する方法を見つけられないか
  • 通年国会提唱者である私から見ても余りにも見苦しい!日程闘争するぐらいなら議論しろ。 議論出来ないなら日程云々の前に議員辞めてくれ!金の無駄だ。。
  • お前も大臣だろう!自分の言葉で答えてみたらどうだ!アンチョコばかり見て答えて!それでもだめなので総理や後ろから手助けが必要なのか?馬鹿ならさっさと去れよ!
  • どうせ、いっぱい決議案出す→審議止める→会期末に職権で可決の方向に持ち込んで「強行採決!」とか騒ぐんでしょ。 やっぱり民〇党は滅んで。
  • これやるべきでしょ 野党が問責決議案、内閣不信任決議案などを提出した場合、参院法務委員会での審議は止まり、与党が想定している審議時間が会期末の18日までに確保できなくなる可能性が高い。
  • 会期延長は絶対に許さない強硬な構えで挑んでいた与党も、加計学園問題が炎上して、野党の日程闘争に抗しきれず、後ろ足がジリジリ押し出されてきたぞ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: