ホーム

記事一覧

RSS

2年前から理由なく怒鳴られ、風呂も入れず 男の我慢限界、平手一発で最悪の結果に


 隣の住宅に住む高齢女性を殴って死亡させたとして、傷害致死罪に問われた栃木県足利市緑町、電気工事業の男性被告(46)の裁判員裁判の判決公判が6月1日、宇都宮地裁で開かれ、佐藤基(もとい)裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。

 アパート暮らしの被告は約2年前から、隣の一軒家に住む被害女性に理由もなく怒鳴られるようになり、黙って耐えていたが今年1月、平手で一発たたいて転倒させ、死亡させたのだった。

 

最悪の選択に同情論

 「自分だけが我慢していれば…」。裁判で浮かび上がったのは、最後まで他人に相談できず、最悪の選択をしてしまった被告の姿だった。

 一人で問題を抱え込んだ結果の代償は大きかったが、被害者の親族を含めて同情的な証言が法廷で示され、被告は人生をやり直す機会が与えられた。

<以下省略>

※引用元:

2年前から理由なく怒鳴られ、風呂も入れず 男の我慢限界、平手一発で最悪の結果に:イザ!

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/170615/evt17061510250004-n1.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 誰かに相談というのが中々出来ないんだよね。警察や行政はそもそもこういうの関わるの嫌がるし。結局、被害者と加害者、二人の犠牲が出ないと理解されない。
  • 内容を読んで泣きそうになってしまった。超高齢社会でもっとこのような事件が起きそうな予感。人ごとではないと思いまふ。
  • 男性の老婆への平手打ちで事態が進展したわけだ。痴呆老人に対しては家族もケアマネも何も出来ないからね。
  • こういうことする老人もいるのに……政府は在宅医療、在宅介護優先させる政策行ってしまう。
  • 女性には精神疾患があった 精神疾患がある人を野放しにしている現状ではこういう事件は減らない。
  • おばあちゃん認知症だっまんだね。気づけなかった家族もかわいそうですし、かわいそうな事件ですね。
  • 悲しい事件だ...泣きそうになった。人ごとでは無いと思い知らされる。公正な裁判と執行猶予付き判決で本当に良かった。 >>>


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: