ホーム

記事一覧

RSS

衝突のイージス艦、右舷に大きな損傷 乗組員が排水作業


 17日未明に静岡県下田市沖で起きた米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドとフィリピン船籍のコンテナ船の事故。午前7時40分ごろ、下田市東方沖約15キロの海上で、衝突で損傷した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドの姿を、朝日新聞社ヘリから確認した。

 右舷側の中央付近、レーダーアンテナのすぐ下に衝突の跡によってできたとみられる大きな損傷が見えた。甲板には、乗組員約30人がライフジャケットを着て座りこんだり、ホースを使って排水作業をしたりしていた。

 イージス艦はその後、2隻のタグボートに引かれ横須賀方面に向かった。1隻は艦の前方を航行し、もう1隻は左舷側で寄り添うように航行していた。イージス艦は右舷側に傾いているように見えた。

 一方、フィリピン船籍のコンテナ船「ACX CRYSTAL(エーシーエックス クリスタル)」は伊豆大島の北東沖約5キロを自力航行していた。船首の左舷側の上部が、甲板の方に曲がり、下部もこすれたような跡があり、衝突でできたと見られる損傷が確認できた。すぐ横には、海上保安庁の巡視船が付き添うように航行していた。

<以下省略>

※引用元:

コンテナ船と衝突の米イージス艦、右舷に大きな損傷 乗組員が排水作業

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/17/fitzgerald_n_17176622.html


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • タンカーがイージスのどてっ腹に…船足が遅く動きの鈍いタンカーの鼻先をかすめ損ね??高度なレーダー・システムが3万トンタンカーに突っ込まれるって…~(?д?)~
  • ロングリーチで専制攻撃がモットーのイージス艦の装甲は本当にペラペラなんですね。 現代戦においては目視で大砲を撃ち合うのはありえないということ。
  • イージス艦は近接戦闘を想定しておらず、離れた安全圏からの攻撃が主任務ですので、装甲は必要ないんですね。沈めていいならコンテナ船ごときは余裕で防げますしね。
  • ◆◆双方とも乗組員は何をぼけとるんンだ。見張りと操舵手はクビだ。車の運転免許は一生取り上げ。
  • 周りに船が多いとかいう問題じゃないだろ、軍艦が民間船に衝突って、それもレーダーの塊みたいなイージス艦が民間船に衝突って、全員寝てたのかね。みっともない事故だね。
  • どうして高度な防空能力を持つイージス艦がコンテナ船を避けられないのか?相手がフィリピン船籍のコンテナ船でなく北朝鮮の魚雷艇だったら、どうなったのだ。
  • この図は正しいのか疑問。護衛艦おおすみの時は、おおすみが左右にクイックターンしてたからな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: