ホーム

記事一覧

RSS

ケナタッチ文書、日弁連幹部が民進に提供か 公開前、政権攻撃で連携


 プライバシーに関する国連特別報告者のケナタッチ氏が5月22日付で日本政府に反論した文書をめぐり、日本弁護士連合会(日弁連)の「共謀罪法案対策本部」副本部長を務める海渡雄一弁護士が同文書を受け取った直後に民進党に渡していた疑いがあることが17日、分かった。民進党関係者が明らかにした。

 海渡氏は5月23日の記者会見で文書を公開したと説明していたが、その前に海渡氏と民進党が連携し、文書を政権攻撃の材料に利用した実態が浮かび上がる。

 5月22日付のケナタッチ文書は、今月15日に成立した「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法について「法案を性急に成立させることを愚かにも決定した」と批判した。海渡氏は産経新聞の取材に対し、文書を5月23日の記者会見で公開したとし、民進党に渡したかどうかについては「質問に意味はない」と明確な回答を避けていた。

<以下省略>

※引用元:

ケナタッチ文書は日弁連幹部から民進に譲渡? 公開前に党会議で配布 連携して政権攻撃か

http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180011-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 国連が、国連を語る連中が如何に公平公正でないか、それを利用して日本叩きをしたがる連中が群がるかが分かる。日本人もいい加減、国連崇拝止めるべきだ。
  • 海渡は福島瑞穂の内縁の夫です。リベラルは「自分たちの主張が間違っている」自覚があるから外圧で印象操作します。
  • 『悪だくみの後ろにはいつも福島みずほ。海渡さんは福島さんの旦那様; 弁護士が歪んでちゃ正しい判決は出にくい、』
  • 日弁連、特定の政党と結託していると、「専門家集団としての知見を述べているだけ」という建前が崩れるのでは。
  • 反対派の間で連携するのは当然かもしれんが、印象操作のそしりは免れない。
  • 日弁連・民進党・共産党・自由党・社民党の「赤い絆」、国益を削ぐ事にのみ血道を上げている団体。
  • 加計学園に関する書類は情報元を探せと言い、この情報元は話せないと言ういつもの二枚舌!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: