ホーム

記事一覧

RSS

内閣府「おとう飯」キャンペーンって何? 「夫も料理を」への風当たり


内閣府の男女共同参画局が「おとう飯(はん)」というキャンペーンを開始した。夫の料理へのハードルを下げ、家事に参加する時間を増やすための取り組みだ。

一方、インターネット上では「その前に労働時間を6時間ぐらいにすれば」「早く帰れないのが実情だろうに」などといった意見が少なくない。内閣府はどう考えているのか。

※引用元:

内閣府「おとう飯」キャンペーンって何? 「夫も料理を」への風当たり

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0621/jc_170621_3156562144.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 便利な世の中になって、家事負担はだいぶ減ってるんじゃないの?洗濯は突っ込めばあとは畳むだけだし、掃除はルンバがやってくれる。飯なんて自分で作らなくても惣菜類は充実してるしね。飯を作るお父さんってそんなに偉いのか?
  • 「おとう飯」の何がイヤだってそのネーミングのセンスの悪さ、野暮ったさ。最初は名称が広まって「なになに?」となるのだから、そこがダメなら話にならなくて当然でしょう。?
  • なんかコレ系のオチが「その前に残業無しでメシ喰える経済状態にしろや国め」っていうのもテンプレ化してきて腹いっぱい。それはそれとして、ちょっとやったらいいのに…
  • 通勤に片道1時間で仕事8時間では、無理矢理感ありすぎ。欧米先進国だって、フルタイムで働きながら育児も完璧にこなしている人なんて殆どいないのに。
  • 政策のコーディネーター不在。単純な育児時間の比較。それぞれの部門はやるだけ。総合での効果検証担当がいない。
  • いいからさっさと現役世代の大幅減税かベーシックインカム導入しろks!そうすれば大部分はほどほどの働き方をするし、場合によってはアウトソーシングで家庭円満でしょ。
  • クソ広告代理店に踊らされて家庭に首突っ込む前に、悪徳事業所を指導しなさい。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: