ホーム

記事一覧

RSS

大外刈りで脳損傷、車いすの中1 母「一緒に死のうか」


 スポーツの事故で重大な障害を負った少年の暮らしは壮絶だった。2014年3月、沖縄県豊見城(とみぐすく)市にある町道場の柔道教室での練習中に急性硬膜下血腫となった男子の母親は、「指導者には子どもを守る知識を備える責任がある」と、再発防止を訴える。

 大阪府岸和田市に住む中学1年、大城陽向(ひなた)君(13)は車いす生活で特別支援学校に通う。脳を損傷し、左手が動かず、左目の視野が極めて狭い。リハビリを通じ、会話はできるようになったが、歩行は短い距離に限られ、食事も介助が必要だ。2年前からてんかんの発作が頻発。倒れると自力で起き上がれず、母の香奈江さん(32)は目が離せない。

 香奈江さんは事故後、陽向君の将来のことで意見が食い違った夫と離婚して岸和田市の実家に戻り、両親の助けを得ながら陽向君と長女(6)、次男(4)を育てる。「陽向は生きてはいるけど、あったはずのものがすべてなくなった。半分、殺されたと思っています」。世話に追われ、次男が歩けるようになったことをしばらく知らなかった。

<以下省略>

※引用元:

大外刈りで脳損傷、車いすの中1 母「一緒に死のうか」:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK6D41T8K6DUTQP00J.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 中学の頃は体育が嫌いで、それも体操と柔道が大嫌いだった。子供に武道を習わせている親が多いので批判はしないが危険性は理解しないといけないと思う。
  • わたしが中学で柔道部に入った時は、まず大外刈り。だったけど、今は違うのかなぁ… ※体格差と痛さにめげて、夏休みいっぱいで合唱部に転部。
  • 義務教育で、剣道や柔道などの武道をやる必要性がわからない。 単に上の指示に従順な人を作るためではと、子供の頃から考えている。
  • 背筋が凍る。格闘技とか日本武道は息子にはやらせたくない。もっと紳士的なスポーツをやらせよう。
  • 大外刈りは一番初めに教える足技 あれは重心の乗った一本足を刈る技だが、アレは見る度に滑稽だった。
  • 防げる事故は防がなくてはいけないけど、格闘技でゼロを求めるのは無理だわなぁ。全員が強制的に受けさせられる学校の体育授業ではなく、希望者が通う町道場なんだし。
  • 一番大事な部分で誤りを含む記事です。内容が互いに齟齬をきたしています。(続く)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: