ホーム

記事一覧

RSS

能登沖の好漁場、北や中国の密漁急増…昨秋以降


」で、北朝鮮籍や中国籍とみられる違法操業船が急増している。

 スルメイカ漁は近年不漁が続いており、乱獲による資源の枯渇も懸念されている。全国いか釣り漁業協会は水産庁と連携し、実態把握に乗り出した。

 大和堆でスルメイカ漁の季節は6~7月と9~11月、甘エビ漁は6~8月。一方、同協会によると、大和堆では6月に入り、北朝鮮籍とみられる漁船が目視やレーダーで数百隻確認された。昨秋も同規模の隻数が確認されている。

 昨年10月には、石川県能登町の漁師入口茂さん(58)が違法操業をしている船を撮影。船体はさび付き、スルメイカが干され、ハングルで北朝鮮の地名や「偉大なる金正恩同志」などと書かれていた。

 大和堆は水深が浅く、暖流と寒流が交わる好漁場として知られる。日本のEEZ内にあり、韓国とは漁業協定を結び双方が操業しているが、日本海に接していない中国の漁船は操業できない。北朝鮮は周辺国と漁業協定を結んでおらず、同国沿岸で操業してきたが、昨年秋から大和堆に入り込む船が目立つようになった。

<以下省略>

※引用元:

能登沖の好漁場、北や中国の密漁急増…昨秋以降

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170622-OYT1T50069.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • こんなに好き放題やられても、日本の国会は、何とか学園で持ちきりなわけでしょう? これは、もう国会議事堂にミサイル数発打ち込んでいただきたいくらいです。
  • 能登沖の好漁場、北や中国の密漁急増…昨秋以降⇒地道に証拠を積み重ねて、国際舞台で主張を通すしかないのだろうな。大変だが、海上保安庁など関係機関の方々の頑張りに期待します。
  • 排他的経済水域が各国バラバラでは今後も続く、領土問題の解決が唯一の解決方法。
  • 逃走船への直接射撃や船舶没収まで行える法改正が必要都さえ思える中国朝鮮半島民族の密漁船団事態。
  • dメニューニュース:能登沖の好漁場、北や中国の密漁急増…昨秋以降(読売新聞) 機雷でも敷設すれば良い。奴らは実力行使しか止める術はない。中国が公開処刑を行うのもその辺りの機微だろう。
  • 日本は強制的に何かすることはほとんど無いからなめられてるんですよ。 奴らがどん引きするような強制措置でしない限り追い出せないでしょうね。 能登沖の好漁場、北や中国の密漁急増…昨秋以降|ニフティニュース
  • なぜ拿捕もしないで放置するのだろう。 海上保安庁に違法操業漁船の拿捕・逮捕権を与えて厳正に対処すべき。 水産庁に任せていては資源が枯渇する。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: