ホーム

記事一覧

RSS

「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か


 三菱自動車が熱狂的なファンがいるスポーツセダン「ランサーエボリューション(ランエボ)」の復活に向け検討を始める。

 

益子

ますこ

修社長兼最高経営責任者(CEO)が23日の定時総会で明らかにした。

 ランエボは1992年に発売され、ラリーをはじめとするレースで鍛えた四輪駆動の力強い走りで人気を集めた。三菱自の技術力を示す看板だったが、世界的な環境規制の強化などに伴い、2016年3月に生産を終了したばかりだった。益子氏は、「(業績が)V字回復したあかつきには開発に挑戦したい」と述べた。

 今回の「復活」は、三菱自が日産自動車の傘下に入り、カルロス・ゴーン氏が会長に就任した影響があったとみられる。ゴーン氏は、日産の経営が悪化していた時期でも、経営者として「GT―R」「フェアレディZ」など、日産の技術力を示すスポーツカーを放棄しなかった。日本メーカーの多くがミニバンなど売れ筋を重視していた時代だ。

<以下省略>

※引用元:

「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170623-OYT1T50172.html


管理人の反応

(*´-`*)


ネットの反応

  • 三菱は銀行出身の車に興味ない社長が就任して切ったんだっけ?昔のスバルは日産の天下りをやめて興銀出身の社長就任で、バブル真っ最中財テクの時代にSTIとSIAの設立や新車開発に投資して今の形を作ったというから対照的。
  • ゴーンちゃん「コストカッター」のイメージばかりついて回るけど、わりとマジものの車好きだからな…。 「メーカーイメージの重要性」もよく語ってる。
  • 「どのメーカーもヒスパニック系には手付かず。その彼らの垂涎の的がこのクルマ。クルマが夢であるエスニシティのなかでも最大の経済力を持つ彼らは眠ったまま。現地生産で願いたい」「ランエボ」復活検討…ゴーン会長就任が影響か(読売新聞)
  • 毎度のことだが、他メーカーと同じカテゴリのクルマを作ってもダメでしょ。ランサーやパジェロのような他所に作れないクルマを作らないと。益子は口出すな。
  • 走りに生きた誇りそのままで終わっていただいて、はやくスイスポ対抗のミラージュとミニカ復活させろ。てかやっぱりミニ
  • …ランエボはお飾りの為の名前じゃない。軽く感じる。 日産のGT-RやZが軽く感じるのもそれが理由なのかな…。
  • 売れ筋だけを造っているんじゃ、技術力もモチベーションも上がらないと思う。 日産はどんなに苦しい時でもGT-RやZを造り続けて今があるよね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: