ホーム

記事一覧

RSS

神戸の医師、会員資格停止=受精卵検査で―産婦人科学会

 日本産科婦人科学会は24日、不妊治療で受精卵を子宮に戻す前にすべての染色体を調べる着床前スクリーニング(受精卵検査)を学会の指針に反して実施したとして、産婦人科医院「大谷レディスクリニック」(神戸市)の大谷徹郎院長を会員資格停止3年の処分にしたと発表した。

 学会は昨年3月に大谷院長を譴責(けんせき)処分としたが、その後も受精卵検査を続けたとして重い処分を科した。記者会見した苛原稔常務理事は、受精卵検査について「研究中で有効性の結論は出ていない」と述べた。

 同クリニックは受精卵検査で流産率が大幅に低下したと主張している。大谷院長は「妊娠しやすく、流産しにくい治療を受けることは患者の基本的人権だ。学会の処分と関係なく、治療を続ける」とのコメントを出した。

※引用元:

受精卵検査で資格停止 産科婦人科学会、神戸の医師処分

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H6M_U7A620C1CC1000/


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 神戸の医師、会員資格停止=受精卵検査で―産婦人科学会(時事通信)→在米の友達は年齢リミットある中での流産リスクを考えこれを5000ドルでやって1回目の体外受精で授かってる。身体的精神的経済的負担より命の選別が優先される日本…。
  • 311の原発事故で、遺伝子欠損や変種が発生していて、子供が作り辛い体質に変わっていたら、不妊治療は個人負担か?少子化に若者への経済虐待で少子化に拍車を
  • 神戸の医師、会員資格停止=受精卵検査で―産婦人科学会(時事通信) やはり禁止しておかないと、欲しい性別の子供を妊娠したい人からの要望があるんだろう。一般人には禁止されてるのに高貴な立場の方は、違法行為でも利用できるんだろうか。
  • 本気ならどんなに硬い岩盤でもルールを変えるべき。好き勝手やるのはいくらよい考えと思ってもただの身勝手だ。 神戸の医師、会員資格停止=受精卵検査で―産婦人科学会(時事通信)
  • 希望していない妊婦に実施していたり、異常が見つかったときに拒否してるのに無理矢理堕ろさせるとかなら命の選別になるけど、妊婦が望んでて応じてるんでしょ?《神戸の医師、会員資格停止=受精卵検査で―産婦人科学会(時事通信)》
  • ろこは「命の選別」という言葉で批判するのは違うのでは、と。倫理観はわかるけれども。倫理観に基づいてのみ批判されている問題ではない気がして。 神戸の医師、会員資格停止=受精卵検査で―産婦人科学会(時事通信)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: