ホーム

記事一覧

RSS

<即席麺>1000億食割れ世界で需要減 「熱」冷めた訳は


 インスタントラーメンは日本で生まれ、いまや「国際食」の地位を確立した。アジアの経済発展に伴い、世界需要は右肩上がりを続けてきたが、ここ3年は減少局面に転じている。「熱」が冷めてきた理由を探った。【今村茜、北京・赤間清広】

 世界ラーメン協会(本部・大阪)によると、2016年の世界需要は974億6000万食となり、2年連続で1000億食の大台を割り込んだ。中でも落ち込みが目立つのが、世界市場の約4割を占める中国。13年に460億食超の需要があったが、16年は385億2000万食にとどまった。わずか3年で2割近くも急減したことになる。

 「買う人が年々少なくなっている。売り場の棚を四つから三つに減らしたよ」と、北京市内の大型スーパー担当者。イメージを改善しようと、地場メーカーも「化学調味料は無添加」など健康面のアピールに力を入れ始めたが、「消費者に染みついた『体に良くない』という悪印象はなかなか改善しない」(担当者)。

<以下省略>

※引用元:

即席麺:1000億食割れ世界で需要減 「熱」冷めた訳は - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170701/k00/00e/020/180000c


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 各社は消費者の健康意識の高まりを逆手に取り、脂質や塩分をカットした商品を投入。マイナスイメージをはね返してきた。 ?
  • 永遠に需要の増え続ける商品などありえないのだから何もいちいち騒ぐことはない。ある一定の量をキープしていれば問題はない。激減したときのみ危険な兆候。
  • 中国では都市部を中心に宅配システムが急速に発展。ファストフードや人気レストランのメニューも自宅や勤務先で受け取れるようになった 先へ進む中国、置いてけぼりの日本。
  • インスタントラーメンの需要が中国で現象傾向にあるが日本では近年再上昇傾向にあると。複合要因とあるが、日本人が再貧困化してるだけなのでは?
  • ちょっと肌寒い朝刊配達後に食べるどん兵衛そば最高やったけどな。今でも食べるけど、
  • インスタントラーメン専門店やかん亭には年々インバウンドのツーリストが増えてますね。ご当地ラーメンのクオリティは日本の職人技が光ります


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: