ホーム

記事一覧

RSS

「加熱式たばこ」商戦激化へ 先行アイコスをJTとBATが追撃 首都で三つ巴 その風味は…


 大手3社による「加熱式たばこ」の販売合戦がついに本格化してきた。これまで一部地域でテスト販売していた日本たばこ産業(JT)と英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の2社が、相次ぎ東京都内での販売を開始。先行する米フィリップ・モリス(PM)は、3月発売の改良版機種で迎え撃つ。愛煙家の選択肢はぐっと広がるが、しかし紙巻きたばこの新製品のように気軽な「試し買い」をしにくいのは悩ましい。そこで、各社の動向とともに3製品の特徴を比べてお伝えしたい。

全国での対決は来年に

 実はJTの「ploom TECH(プルーム・テック)」は、同社初の加熱式たばこではない。初代「プルーム」を2013年に発売している。たばこと香料の詰まったカプセルを電気加熱して吸う仕組みだが、蒸気の熱さやカプセルの割高感が不評で、販売を終えた。

<以下省略>

※引用元:

【経済インサイド】「加熱式たばこ」商戦激化へ 先行アイコスをJTとBATが追撃 首都で三つ巴 その風味は…

http://www.sankei.com/premium/news/170701/prm1707010020-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • アイコスが売れるのは手に入りやすいから。プルームはバッテリーが弱い。アダプター使ってもう少し強力なバッテリーで吸うと全然いける。
  • プルームは知恵次第で自分の好きなタバコ葉を吸う事もできる。これがまたうまい。ちょっと手間だけどね。
  • 昨日秋葉でグロー試したけど中々良かったわぁ~。仙台市民と都内の人は買うの検討してもいいかもな 本体の値段は言えないけど安い
  • 副流煙という暴力を無差別にまき散らすタバコなんて消えてしまえ。それでも吸う人間は、暴力を自分だけに向けるべき。
  • ( ˙-˙).oO(物珍しさもあって購入したが、手入れが面倒などで普通のタバコに戻る人も多いと聞きます。)


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: