ホーム

記事一覧

RSS

次世代新幹線実現に向けた試験車両E956形「ALFA-X」新造 営業最高360km/hの可能性を検証へ JR東日本


JR東日本が「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとして、新幹線の試験車両を新造します。落成は2019年春の予定です。

 JR東日本は2017年7月4日(火)、「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとして、新幹線の試験車両を新造すると発表しました。

 形式はE956形で、電車10両編成です。愛称は、「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation」(最先端の実験を行うための先進的な試験室(車))を略した「ALFA-X」(アルファエックス)。2019年春に落成予定です。

※引用元:

次世代新幹線実現に向けた試験車両E956形「ALFA-X」新造 営業最高360km/hの可能性を検証へ JR東日本

https://trafficnews.jp/post/75054/


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • ていうか、前回360km/hからの制動距離が目標未達で320km/hに抑制されてるんじゃなかったっけ。対札幌対策で再チャレンジを余儀なくされた格好かな。
  • 北海道新幹線全線開業を見据えてのことなのだろうけれども,頭の単純なぼくは,STAR21,FASTECH360の系譜を継ぐこういうのが好き。
  • 500km/hだしても大深度地下駅から地上まで20分かかるというリニアよりこっちの方が総平均速度速いんじゃね?
  • 試験走行で400km超えを想定ですか‥すごい。先頭車両の形状が違うってことも試験車の伝統ですね。 ファステック360もWIN350も大好きでした。
  • 先頭部がFASTECとそう大して変わらんような。AIを取り入れるとあるけど、そのうちAI-ATOもやりそうな勢い。
  • 東海は安全や騒音の余裕も含めた設計なんだけど……まあ東日本は軌道が違うっちゃーそうなんだけど。
  • これの量産型が北海道新幹線の札幌延伸時に札幌まで入線する車両になるんじゃないの?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: