ホーム

記事一覧

RSS

百田尚樹、朝日記者らと「バトル」 会見でメディア批判連発、釈明も


   「日本のテレビはとにかく反政府、極端なことを言えば『反日』です」――。作家の百田尚樹氏が2017年7月4日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で開いた会見で、独自のメディア批判を展開した。

   百田氏は「日本のメディアぐらい偏向したメディアはない」と明言。「朝日新聞はフェイクニュースが多い」とも。一方で会見中には、記者から発言の「誤り」を突かれ、焦った様子で釈明する場面もあった。

※引用元:

百田尚樹、朝日記者らと「バトル」 会見でメディア批判連発、釈明も

https://www.j-cast.com/2017/07/04302410.html?p%3Dall


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • このうんこ野郎に限らず、右左問わず、現場にいない奴ほど頭でっかちな理想論や方法論で嘴を入れる。悔しかったら手本を見せろっつーの!
  • 仮にも作家でありながら、視線が国境を超えられない、国境内しか見れないウヨ止まりというのは知性の欠如、霊性の欠如だろうなー。百田百害一利ナシ>百田尚樹、朝日記者らと「バトル」
  • 現場に行かず写真見ただけで色々言えるならジャーナリストはいらんな。まぁ、あんな素晴らしいファンタジー戦記を書ける想像力は買えるが。
  • 反論してるのが田中龍作と朝日新聞なんだから指摘は当たってる、ということやな。 田中『(秋葉原での安倍層批判は)全方位から飛んでいた。』 ほら嘘つきだ。
  • 百田氏のフフェイクトークを聞くために記者会見に応じる必要があるのだろうか。百田氏の言う「偏っていない公平中立」なマスコミは、NHKと読売、産経か? 超右翼の下品造語者。
  • なるほど、、私が知ってるテレビでは見ない見解。私はほんとに世の中を知らないんだな。 ネットがあってよかったと改めて持った瞬間。
  • 保守、安倍政権支持が大勢で、それに反する報道は悪という呑気な思い込みがあるようだ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: