ホーム

記事一覧

RSS

<公明代表>国民的合意なく改憲論議進めないで 首相けん制


 公明党の山口那津男代表は5日の記者会見で「政権の課題は経済再生の推進だ。憲法は政権が取り組む課題ではない」と述べた。安倍晋三首相が2020年の改正憲法施行を目指していることに関しては「自民党総裁として党内に向けたものだ」と指摘。国民的な合意のないまま改憲論議を進めないよう首相をけん制した。

 山口氏は「議論の場は(衆参両院の)憲法審査会であり、正規の土俵で議論を深めることが重要だ。与党の枠組みは直ちに憲法の議論につながらない」とも述べ、自民、公明両党で改憲案をすり合わせることに慎重な見解を示した。

 山口氏の発言について、菅義偉官房長官は記者会見で「自民党は立党以来、憲法改正を主張している。(公明党と)温度差があるのは自然ではないか」と述べた。【高橋克哉】

※引用元:

公明代表:国民的合意なく改憲論議進めないで 首相けん制 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170706/k00/00m/010/048000c


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • また始まった。口先だけ初めだけ自民党に反対するフリするが、直ぐに全面的に賛成して強行採決にも賛同するくせに。日和見主義で権力迎合するだけの政治団体が何を偉そうに!
  • 安倍首相の拙速な改憲に抗する意味でも、都議選で自民が大敗し公明が完勝した価値は大きかったな。政治の世界では「力」を伴わない意見は権力者にとって痛くもかゆくもない。
  • これまで自民党の「ブレーキ役」としての働きに期待する声もあったがが、ここに至るまでの役割は単なる「緩衝材役」。非常に残念。
  • 首相けん制(毎日新聞)やっと公明党らしい発言があった。何が何でも自身の主義主張を通そうとするのは岸総理譲り!ただ景気とか目先の事ばかりでは無く人口減少が日本国の喫緊の課題‼️
  • 公明党山口那津男の言うことなど信用できないな。集団的自衛権も共謀罪の強行採決も、加担したのはあんたらだ。寸前になればまた簡単に寝返るさ。
  • 勝ち馬に乗るのが上手な公明党。蝙蝠みたいな政党には政教分離をぶつけてやれ。大作を喚問するのも有りだね。
  • また言ってるよ。今まで散々同じ手を使って、最初だけ反対するふり。暫くすれば自民党の悪法成立に加担して来た。いつも同じパターン。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: