ホーム

記事一覧

RSS

<自民党>都議選惨敗受け、改憲議論丁寧に…推進本部


 自民党の石破茂元幹事長は5日午前、党憲法改正推進本部(保岡興治本部長)の役員会で「東京都議選の声は(安倍政権に)『丁寧にやってくれ』ということだ。憲法改正も一緒だ」と述べ、慎重に議論を進めるよう求めた。同党が惨敗した2日の都議選後、推進本部の役員会が開かれるのは初めて。

 保岡氏も冒頭で「都議選は残念だったが、その意味するところを踏まえ、さらに丁寧に議論したい」とあいさつした。他にも数人から「国民投票で過半数を得るためには、余計に国民への説明が大事になる」などと改憲論議を丁寧に進めるよう求める声が出た。

 この日のテーマは大災害時などの特例措置を定める「緊急事態条項」で、首相権限強化などは棚上げし、国会議員の任期延長に限った検討をすべきだとの意見が出た。5日午後には全議員を対象とした全体会合を開く。【小田中大】

※引用元:

自民党:都議選惨敗受け、改憲議論丁寧に…推進本部 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170705/k00/00e/010/202000c


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • 反日マスゴミ&メディアの印象操作や捏造が一番悪いが、それでもここ最近傲慢化して権力集中主義になってきている傾向もあったから大衆が疑心暗鬼状態…?
  • 都議選の結果を国政と結びつけるなら、今回の都議選は改憲派が圧勝し、護憲派の民進党・共産党・生活ネットは合計議席を減らしている。ここで、改憲への歩みを止めてはいけない。
  • 丁寧にやるつもりは最初からあったけれど、結局野党の妨害が問題なわけですよ。 野党こそ真摯な姿勢で改憲問題に参加するべきでしょ! この問題では自民党を叩く事自体おかしい!
  • ひげの隊長こと日本会議の佐藤正久と石破茂のツーショットの写真でもわかるように、何やら企んでいることは間違いない。国民主権と正常な国会運営を無視して憲法改憲は無理だよ。
  • 都議選負けたからこそ、自民党は頑迷保守路線を改める時だ。いつまでも保守に拘っていたら勝てない。保守ではなく中道右派に舵を切るべきだ。それこそ、北朝鮮使って人気取ればよい。
  • 戦争準備と人権制限のための改憲などという悪事をなすに「丁寧で慎重に」も「乱暴で性急に」もあるまい。先ず結論ありきでよい。完全に潰す。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: