ホーム

記事一覧

RSS

犠牲の消防団員、最後まで避難呼びかけ 九州豪雨


 大分県日田市の小野地区で6日に起きた土砂崩れで亡くなった山本岳人さん(43)は、地元の消防団員だった。最後まで住民の安全を案じて警戒活動をしていた。

 同僚の消防団員によると、山本さんは亡くなる前日の5日夕から、地域の高齢者を車で避難所まで運ぶなどしていた。

 土砂崩れが起きたのは、6日午前10時ごろ。山本さんは住民らとともに避難していた公民館を出て、被害状況を確認しようとして土砂崩れに巻き込まれた。地域の住民の男性(74)によると、その直前、地域を回って周囲に「危ない! 逃げろ」と声をかけていたという。

 小野消防分団の団長、日野勝俊さん(60)は「とても残念だ。団員みんながショックを受けている」と惜しんだ。

 山本さんが勤める日田市のガソリンスタンドで同僚だった佐々木秀世さん(67)らによると、子ども3人がいて、子煩悩だったという。

<以下省略>

※引用元:

犠牲の消防団員、最後まで避難呼びかけ 九州豪雨:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK773CQFK77TIPE00R.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 九州豪雨…現場で救助に当たる方々には頭が下がります。それに比べ指揮を執る安倍政権の方々には怒りすら覚える。口だけ、体裁だけ。事故保身ときやがる。本当に腹立たしいし、有り得ない。大臣は名誉職ではない。仕事しろ!
  • これは殉職に当たるのか? この活動は責任感が強く地域思いの人でなかったなら出来ない仕事。だけどさー、ご家族は悔しいだろうな。ご冥福をお祈りいたします。
  • ▶この手のニュースを聞くと、残念でならない。正直、命を掛けるのは家族の時だけでいいと思うよ。予測できないだろうけど、なんというかな、こういう事は美徳にしてはいけないと思うのですよ。
  • こんなん見てると胸が痛くてたまらんわ。 本当に自然災害って怖い。。 一人でも沢山の方の命が助かりますように。。 dメニューニュース:犠牲の消防団員、最後まで避難呼びかけ
  • こういうことって、やたらと「美談」にされたりするが、何故「再発防止(絶対安全はないが)」って誰も言わないんでしょうね?こういう記事、そんなにウケるんですか?
  • 一方の矢野夫婦は、夫の英俊さんが河川で遺体で発見されたということは、2人で歩いて帰宅する筈だった奥さんの知子さんも流されたのでしょうね。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: