ホーム

記事一覧

RSS

パリ協定で19カ国結束、米の孤立鮮明に G20閉幕


 ドイツ北部ハンブルクで開かれていた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は8日、首脳宣言を採択して閉幕した。米国以外の19カ国が結束して地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」に取り組むことが明記され、米国の孤立が鮮明になった。貿易問題では、反保護主義の文言が明記されたが、昨年の首脳宣言と比較すると表現は弱められた。

 首脳宣言では、G20全体で温室効果ガスの削減などに取り組むことを明記。そのうえで、米国以外の参加国は「パリ協定の早急な完全実施に向けた強い決意を再確認する」とした。協定離脱を表明した米国については「化石燃料をよりクリーンで効率的に使えるよう、ほかの国と緊密に協力する」などと別途言及された。

 米国のパリ協定離脱については、地球温暖化についての討議で各国から発言が集中した。だがトランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領との会談のため、この討議を途中で離席した。米国と他国の亀裂が浮き彫りになった。

<以下省略>

※引用元:

パリ協定で19カ国結束、米の孤立鮮明に G20閉幕:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7851VYK78UHBI017.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • ブッシュ政権の単独行動主義とはまた異なった外交政策になってるのが興味深いすね。ブッシュも対テロ戦争で二元論を基に味方作ってたけど、トランプは味方作る気ない感じ。
  • 正義の味方嘘八百でマッチポンプの朝日新聞、米国の孤立は強調するがパリ協定での世界のならず者共産党独裁国家支那の扱いは如何なっているのかは書かない?
  • トランプは、パリ協定からの離脱で「金融・戦争屋が主導する排出権というインチキ債権のデリバティブ取引に協力しない」ということを鮮明にした。「クリーン」でB層は思考停止するからね。
  • 国際会議が注目される或いは議論の中身を期待される、という状態は、多国間の協調体制が揺らいでいる今、良い流れ。
  • 僕は大賛成やわ。地球温暖化といえば、みんな疑わないのが変。リサイクル全てが善と思われてるのと似てる。
  • 米国の優位は核ミサイル頼み。万一技術の進歩で核ミサイルを無能化できたり、核ミサイル以上の兵器ができたら、米国衰退は明白


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: