ホーム

記事一覧

RSS

カードローン、大手銀などが行員評価に 過剰融資の恐れ


 無担保で個人に多額のお金を貸すカードローンでの融資拡大を、多くの銀行が支店や行員の評価対象にしていることが、朝日新聞の調査でわかった。調査対象の半分近くの29行が「(評価対象に)含まれている」と答えた。貸付額が消費者金融を上回り、規制強化を求める声が出る中、銀行が融資拡大に前のめりな状況が浮き彫りになった。

 調査は、カードローンを扱う大手銀行5行と全国地方銀行協会に加盟する64行の計69行に6月中旬に書面で行い、50行が回答(1行は一部のみ回答)した。

 カードローンの口座数や融資額の増加を支店や個人の評価対象としている、としたのは、回答した49行の6割の29行だった。評価対象を答えた銀行では、17行が支店を対象にしているとし、5行は支店と個人の両方が対象だとした。「ノルマ」として営業現場に目標が課されている銀行もあるとみられる。

<以下省略>

※引用元:

カードローン、大手銀などが行員評価に 過剰融資の恐れ:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK7C454BK7CULFA00R.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 銀行はお金を貸すのが商売。社員への評価や経営計画にその成果を盛り込むのは当然のこと。 そんな不毛な企業の倫理観叩きをやってるなら、もっと消費者教育とか緊急時に使える公共の融資制度紹介とかに尽力してほしいところ。
  • 各行とも一定金額までなら年収制限なく加入できる。しかも、金利は法律ないとはいえ結構高い。クレジットカードのリボ払いもそうだが、納税証明書による所得確認で厳しくしたほうがいよ。
  • そういえば某メガバンクのATMでお金を下ろすたび案内が出されます。私は借りたことはありませんが、諸事情からつい借りてしまう人もいるでしょう。とはいえ、かなりの高利融資。これに銀行が傾注している傾向はマズい気がします。
  • 政府によるマイナス金利政策の結果。 銀行に預ける方も、貸す銀行のほうにも旨みがない。銀行業やめろろいうに等しい。 上に政策あれば下に対策あり。 それがこれ。
  • 貸金業法と同じ“総量規制(年収の1/3以下)”が検討され始めるだろう。 史上稀に見る愚策が銀行法体系に導入されるかもしれない。
  • 目標○件って言われた事あるけど、個人的に良い商品だと思えなかったからほぼ売らなかったw会社員的には完全にアウトだけど、自分が間違ってるとは思わなかったな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: