ホーム

記事一覧

RSS

2人の死刑執行 金田法相では2度目 1人は再審請求中


 法務省は13日、1990年代に女性4人を殺害し再審請求中だった西川正勝死刑囚(61)と、2011年に元同僚の女性派遣社員を殺害した住田紘一死刑囚(34)の死刑を執行した。金田勝年法相の執行は昨年11月以来、8カ月ぶり2度目(計3人)。再審請求中の死刑囚への執行は異例で99年12月以来。住田死刑囚は裁判員裁判で死刑判決を受けた確定者として、3人目の執行となった。

 12年12月の第2次安倍内閣発足後では11度目、執行は計19人になる。同省によると、これで確定死刑囚は125人で、うち92人が再審請求中となった。再審請求中は死刑を執行しないのが慣例とされてきた。

 法務省には「執行を引き延ばすために、同じ理由で再審を繰り返す人がいる」との見方もある。しかし、一家4人殺害事件で死刑判決が確定した袴田巌さんは再審開始決定で釈放され、昨秋には日本弁護士連合会も死刑廃止を宣言する中、波紋を呼びそうだ。

<以下省略>

※引用元:

2人の死刑執行、金田法相では2度目 1人は再審請求中

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/12/death-penalty_n_17471256.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 来月の改造で座を追われる「無能」大臣、最後のお勤め。この官僚の作文にあるように情緒的に報復を望む裁判員制度が、法務官僚や検察庁にとって都合の良い裁判制度なのは明らか。
  • 内閣改造で外される前の最後屁か『金田法相は就任後…「裁判員裁判で慎重な審理や評議を尽くし、判決を言い渡している。その判断を尊重しつつ、慎重かつ厳正に対処すべきだ」と述べていた』
  • 法治国家では確定した裁判の執行が厳正に行われるのは当然である。政治介入著しい日弁連などが人権擁護の観点から死刑制度廃止等と言うが、被害者の無念と遺族心情を自己に置き替えろ
  • 今までの慣例を破って再審請求中にも関わらず、死刑が行われたことに強い恐怖を感じます。今後国は冤罪の可能性を考慮しないと宣言したに等しい。
  • 來自 日本在13號執行了死刑,而且這次被執行的其中一人正在請求再審!這也是自1999年以後日本再次有請求再審中的死刑囚被處死!😠
  • 死刑執行をすると鳩山邦夫の早死や谷垣禎一の自転車事故のような不幸が起きる。当然死刑執行は早めにするべきである。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: