ホーム

記事一覧

RSS

<蓮舫氏>問われるリーダーシップ 民進党内にくすぶる不満


 民進党の蓮舫代表は13日の記者会見で、自身の日本と台湾の「二重国籍」問題について、資料を開示し二重国籍が解消されていることを説明する意向を表明した。18日に改めて記者会見する。ただ、党内には、二重国籍問題への対応批判に加え、過去最低の5議席と惨敗した東京都議選の責任を問う声など蓮舫氏への不満がくすぶっており、試練が続くことになりそうだ。【樋口淳也、真野敏幸】

 「私自身の二転三転した説明に疑念が残っているのであれば、明確にしたい」。蓮舫氏は13日の会見で、そう強調した。公開する資料に関しては「戸籍そのものではなく、既に台湾の籍を有していないことが分かる部分」と述べるにとどめ、具体的には弁護士を交えて整理していることを明らかにした。

 昨年9月の代表選時に発覚した二重国籍問題は、代表就任後も尾を引いている。党内の一部からは戸籍謄本の公開を求める声や、都議選の敗因の一つに挙げる声もあり、疑念を払拭(ふっしょく)して結束を図りたい考えだ。

<以下省略>

※引用元:

蓮舫氏:問われるリーダーシップ 民進党内にくすぶる不満 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170714/k00/00m/010/093000c


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 最近、言っていた通りになってきた、とよく言われる。民進党内部からも「民進党は歴史的使命を終えた。解党か分党しかない」という声が。「改むるに憚ることなかれ、という諺も。死にかけの安倍政権にトドメを刺すのは、勇気ある解党。
  • 国籍関連のプライバシー大事にしたいなら選挙に立候補するのをやめろよ。選挙に立候補する以上公開を拒否するべきではない。これは民族差別とは無関係の国民主権の話。
  • 脚の引っ張りあいに終始する民進党には、つくづく辟易し幻滅しウンザリする。松井一代と同レベルのクダラナサだ。
  • う~ん。自民党批判をする事が職務だと思ってるのよ。あと自分は弁がたつと勘違いしてるわよ。妥協と協力っていうのは彼女にはないのね。なんかタチが悪いPTA会長みたいなもんよ。
  • 民進党内にくすぶる不満(毎日新聞)あのね~~リーダーの資格自体がない人間を~~今更、頭悪いにもほどがあるぞ!民進党議員σ(^_^;)




















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: