ホーム

記事一覧

RSS

米シカゴ有力紙、1ドルで身売り 紙媒体の苦境続く


【7月14日 AFP】米イリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)で発行が続けられている日刊紙としては最も古いシカゴ・サンタイムズ(Chicago Sun-Times)が13日、投資家グループに身売りしたことを明らかにした。他メディアの報道によると、売却額はわずか1ドル(約113円)。読者がインターネットのニュースサイトに流れ、不振にあえぐ米新聞業界の現状を改めて浮き彫りにした。

 シカゴ・サンタイムズは1844年創刊のシカゴ・デーリー・ジャーナル(Chicago Daily Journal)が前身。1948年に地元2紙との合併によって今の名前に代わった。シカゴ・トリビューン(Chicago Tribune)とともに地元2大紙として知られ、米新聞界最高の栄誉とされる「ピュリツァー賞(Pulitzer Prize)」をこれまでに8回受賞している。

 シカゴ・サンタイムズは13日付の紙面で、元シカゴ市議会議員が主導し複数の労働組合も加わった投資家グループに買収されたと伝えた。詳細については明らかにしていないが、シカゴ・トリビューンなどによれば売却額は1ドルだったという。

<以下省略>

※引用元:

米シカゴ有力紙、1ドルで身売り 紙媒体の苦境続く

http://www.afpbb.com/articles/-/3135706


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 日本のメディアは安泰だね。 どんなに経営が苦しくなっても、押し紙・記者クラブ・“政府広報”新聞・電通・クロスオーナーシップだから。 自由主義経済の中の特別待遇、か。
  • 新聞社は単にニュース配信するだけになっていくだろ。ネット時代になって逆に信頼性の高いニュースソースの価値が再認識されている。
  • 紙媒体の凋落は止めることはできない。デジタル化で成功してもこれまでの利益は見込めない。私鉄が不動産業に力を入れてるような収益構造の見直しが欠かせない。
  • 今の既存メディアはみんな同じと思う。本人がニュースを発信できる今、バイアスが掛かったマスコミはすぐ分かる。
  • 紙媒体の苦境続く(AFP=時事)』 長期に亘って管理費が滞納されたリゾートマンションみたいな価格設定。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: