ホーム

記事一覧

RSS

「何十年も経ちましたが、全て鮮明に覚えています」元刑務官が語った死刑執行の瞬間


 13日午前、2人の死刑囚の死刑執行を発表した。

※引用元:

「何十年も経ちましたが、全て鮮明に覚えています」元刑務官が語った死刑執行の瞬間

https://abematimes.com/posts/2660403


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 本当に憎いなら被害関係者がやったらいいよ、ボタン押す行為。警官に丸投げはよくないや…やっぱりさ仮釈放無しの終身刑の方が罰になるって。
  • 記事趣旨とは違うが。身元引受人の妻子を強姦殺人。妻子はエネ夫が聖人ぶっていい格好しいでやったことの犠牲者とも言える。
  • 法務大臣、検察、警察、本当に任せていいのか。もしも冤罪で死刑執行してしまっても、誰ひとり責任はとらない、刑務官はやりきれない気持ちになるだろう。
  • 「死刑囚は看守の足音1つに神経を研ぎ澄ませる中で、改心するゆとりなどなく、反省など机上の空論、理想論。死を持って償うのが死刑ですから反省は求めない」
  • 殺陣を犯した犯罪者は全て死刑‼️ 残った家族の怨みが消える訳ではない。法で裁かないので有れば、被害者が犯罪者になるかもしれない?
  • 「反省など机上の空論、理想論」こっちを見出しにするべきでは? そりゃせめて“抑止力”として少しぐらい世間様のお役に立っていただかにゃ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: