ホーム

記事一覧

RSS

自民試練の相次ぐ地方選 都議選惨敗の影響懸念

 政府・自民党は東京都議選の惨敗を引きずらないよう、8月の内閣改造前後に相次ぐ選挙に神経をとがらせている。最初の関門は都議選後初となる与野党対決型の仙台市長選(23日投開票)だ。自民党は無党派層の動向が左右する都市部での連敗阻止を目指す。16日告示の横浜市長選(30日投開票)に続き10月は衆院愛媛3区補欠選挙もあり、敗北が続けば安倍晋三政権の求心力に響きかねない。

 新人4人で争う仙台市長選は、元衆院議員の郡和子氏が民進、社民両党県連の支持に加え、共産党県委員会の支援を得る「野党共闘」候補として臨んでいる。葬祭業社長の菅原裕典氏は自民、公明両党が地方組織レベルで支援し、両氏の事実上の一騎打ちだ。

 投開票日まで1週間となった15日、菅義偉官房長官は仙台市に入り、集会で組織を引き締めた。高い知名度で先行する郡氏を菅原氏が猛追する展開で、その差は「1ケタまで追い詰めている」(自民党選対幹部)という。

<以下省略>

※引用元:

自民の試練続く 惨敗の都議選後に地方選続々と

http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160020-n1.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´)ノ ムッカー!


ネットの反応

  • 安倍には経済を活性化させた功績がある。然しそれは所得底辺の国民には届かない。寧ろ、森友や加計等の特権付与が表沙汰になれば反発を買う。自民歴代の轍を踏む。
  • 獣医学部/大学を創るにはモノ、金、ヒト、長年の周到な準備、熱意が要る。マスコミの一方的な報道に踊らされた国民は少し考えて見るべきである。
  • 今の自民党は隠ぺい体質が表に出すぎ、国民の声が反映されないと言う認識が蔓延している。ここは総理の変更を行わないと自民党の人気が回復するのは難しい!
  • 横浜は林が巧妙に市長選広報を避けてるし、突然カジノ白紙とか言い出してるらしいし、林なんじゃないの?まぁ林がカジノ止めるはずないけどね。
  • 産経がこの記事?気を引き締めろって事? 都議選惨敗の理由は、都議会のドン、内田自民党都連の問題。それに都民ファーストが受け皿になっただけ。 民進共産は受け皿になりえない。 地方はさほど影響はないでしょう。 ↓↓
  • まずは仙台市長選…代理戦争と煽るメディアと他所事の思案に惑わされず、粛々と郷土の発展に全力を尽くしてくれる市長を選出したい。野党共闘候補に勝利して一気に形勢逆転させようや😠


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: