ホーム

記事一覧

RSS

日本が孤立の恐れも? AIIBが「トリプルA」の衝撃


   中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)が、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスから最上位の「Aaa(トリプルA)」の格付けを得た。低金利で債券を発行して資金を調達できることを意味する。主要7か国(G7)でAIIBに参加していないのは日米だけという状況の中で、「中国主導では信用力に問題があり、高い格付けが得られずに資金調達に苦労する」と牽制してきた日本の思惑は、完全に外れたといってよい。途上国金融を巡る日米vs中国の争いは、ひとまず中国優位で「勝負あった」格好だ。

   ムーディーズの決定は2017年6月29日。理由として上げたのは、豊富な資金力と運営態勢。まず、資金だが、自己資本が1000億ドル(約11兆円)と「同じ格付けの他の開発金融機関よりも厚い」としたほか、6月末の投融資は約25億ドルと資本の2.5%にとどまり、大半が低リスクの世銀などとの協調融資であることから、手堅い運営と判断した。手元資金の管理も「他の開発金融と同等かそれより厳格」と認めた。

※引用元:

日本が孤立の恐れも? AIIBが「トリプルA」の衝撃

https://www.j-cast.com/2017/07/16302724.html?p%3Dall


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 何故か格付け会社に誰も格付けをしない。不思議だ。実はこのような権力組織を作り、裏で操り国益を得る工作活動が目的のようだ。欧米諸国、シナ系など得意なものだ。
  • 米格付け会社の役員に中国が幾ら出したのかはわからないけど、国境でドンパチやってるインドが参加しているというのが、国際関係の複雑さを感じるっすなぁ。
  • 国際的に無法者で自国民を弾圧する国家が主導する機構を評価する民間の格付け会社を疑うべきである。
  • 中国欧州間の鉄道、ガスパイプラインは どちらも既につながっているけど 強化に莫大な投資が必要 完成すれば莫大な利益が出る 日本企業も関わるプロジェクトだから…
  • 暑さの為か?元々なのか?こまめな水分を摂取して、熱中症にご注意を。お大事に。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: