ホーム

記事一覧

RSS

安倍晋三氏とケネディ氏に送られた「慰安婦問題のデタラメ」を糾弾する手紙とは? 「朝鮮の真実」知る日韓古老が送る


 2年前、日韓の間で最終的かつ不可逆的に解決したはずの慰安婦問題が再び、蒸し返されようとしている。新たに就任した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日韓合意の見直しをほのめかし、アメリカでは、韓国・中国系住民の運動によって慰安婦像の設置の動きが止まらない…。こうなることを見越したように「慰安婦問題の虚構性」を糾弾する手紙を日米の政治家宛に書いた2人の日韓の古老がいた。いずれも日本統治下の朝鮮にいて「真実」を知る生き証人である。

慰安婦問題をめぐる「事実ではないこと」を見逃せない

 在米の韓国系米国人古老は、日本統治時代の朝鮮で生まれ、そこで教育を受けた。年齢は90歳に近い。戦後、韓国の名門大へ進み、朝鮮戦争に従軍。その後、渡米して帰化し、在米の大手企業に勤めた。残念ながら彼の個人情報はこれ以上明かせない。家族や親類にまで累が及ぶ懸念もあるからだ。

<以下省略>

※引用元:

【「慰安婦」裏話】安倍晋三氏とケネディ氏に送られた「慰安婦問題のデタラメ」を糾弾する手紙とは? 「朝鮮の真実」知る日韓古老が送る

http://www.sankei.com/premium/news/170717/prm1707170001-n1.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 国連は戦勝国という言論統制をまだ強いているならず者国が常任理事国で、正義の無い不正義の機関だ。慰安婦捏造を放置するのは米国他、所謂戦勝国の対日姿勢だと思う。日本は全力で反論すべきだが、合意を続ける?
  • → お二人に対して公共放送局であるNHKは真実を深掘り取材し、国内及び海外へ報道番組を放送すべきで、NHKは民放のようなレヴェルが低い番組はカットし、日本国に対する真実と大きく反する反日国の戯言を覆す中身のある番組を放送すべきです。
  • この記事を世界中に発信して欲しい。慰安婦問題否定は間違いではない、真実は真実として報道するのが報道の使命。本当に事なかれ主義の日本の官僚・政治家には腹が立つ。慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」は否定し、河野氏を喚問をすべき。
  • 実際にご本人が経験したわけでなく、又聞き程度の立証。慰安所があったのは事実。募集の現実は女衒を使った。強制かどうかは被害者側の意志を尊重すべし。
  • こういった、生き証人達が生存している今が、歴史を捏造して、日本人を貶めようとする国々や、人々と戦って真実を明らかにする、最後の機会かも知れません。 印象操作を繰り返す、マスコミや極左団体や、野党に...
  • 慰安婦問題、無知と悪意の活動家と無能日本政府のせい。「日本政府は事なかれ主義で謝ったり、お金を出したりした。アメリカでの事態を放置すれば、在米日本人、日系人、日系企業、旅行者…子々孫々にまで禍根を残すことになると思いますね」
  • >必読!! 西川さん;「日本統治時代の朝鮮は治安もよく、穏やかな社会だった。創氏改名だって強制ではありません。役所上司にも同僚にも朝鮮人はたくさんいたし、仲良くやっていた」~安倍晋三氏とケネディ氏に送られた「慰安婦問題のデタラメ」


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: