ホーム

記事一覧

RSS

なぜ渡辺謙さんは「不倫謝罪会見」をこのタイミングで開いたのか


 3連休が始まった7月15日、俳優の渡辺謙さんが「不倫謝罪会見」を開いた。

 会見をご覧になった方はよく分かると思うが、報道陣は思いのほか謙さんに対して優しく、笑い声まで起きていた。4カ月も逃げ回っていたあげくの「報道は概ね事実です」という白状にもかかわらず、ワイドショーの論調もマイルドで、これまで「ゲス不倫」でバッシングを受けた芸能人はなんだったのかというくらい友好的だった。「すべての質問にしっかりと答えていて完璧だ」なんてもちあげるコメンテーターもいた。

 この背景にあるのは「世界のケン・ワタナベ」の名声か、所属するケイダッシュの「プロデュース力」なのかというのは、ぜひ心ある芸能記者のみなさんに分析をしていただくとして、企業などの報道対策を生業としている筆者が、なによりも注目したのは「タイミング」である。

<以下省略>

※引用元:

なぜ渡辺謙さんは「不倫謝罪会見」をこのタイミングで開いたのか (1/5)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/18/news044.html


管理人の反応

ヽ(`Д´#)ノ ムキー!


ネットの反応

  • 結局、芸能界の私利私欲に絡んだ茶番劇だったのか。渡辺謙もファンを裏切って茶番劇の主役になり下がってしまったのか。日本は海外と異なって不倫行為はお互いの憎悪を生み、憎悪感は心の奥に染み付き一生剥がれなくなってしまう?
  • ん?世間ではあの会見でかなりイメージダウンしたと思うのだが業界では賞賛されているの?そもそも友好的な謝罪会見って何?浮かれまくった女性レポーター達が失敗の要因。
  • 謙さんにはガッカリしたけどそれ以上に坂上忍の擁護がキモかったわ。 ゲス川谷んときはクソミソに言ってたくせに。程度の低い太鼓持ちだわ
  • 大御所は何をしても許され、御意見番を気取っていた者たちは口をつぐむ。
  • 飽きれる記事だ!だが、読んでしまった。。。どうでもいいことを“したり顔”で言ってる。“鼻につく”のは俺だけ?

















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: