ホーム

記事一覧

RSS

証明書類の公開で議論再び。「二重国籍」は公選法違反? 専門家に聞いてみた

日本の国籍法は「国籍唯一の原則」を掲げる一方、重国籍者への罰則はなく外国籍の離脱は努力義務としています。実際、重国籍者は多数存在しており、選挙においては重国籍者であっても日本国籍があり、所定の年齢に達していれば、選挙権・被選挙権は有することになるので、有権者・候補者としてすでに多数関わっていると思われます。このことは、昭和37年11月15日の法務省入国管理局宛の自治省選挙部の回答でも是認されています。

例えば二重国籍の候補者の例として、2007年参院選に日本とペルーの二重国籍を持つ元ペルー大統領のアルベルト・フジモリ氏が国民新党から全国比例で立候補した件が挙げられます。参議院調査室作成資料『立法と調査』平成21年8月1日掲載論文「重国籍と国籍唯一の原則」でも次のように明言されています。

<以下省略>

※引用元:

証明書類の公開で議論再び。「二重国籍」は公選法違反? 専門家に聞いてみた

http://go2senkyo.com/articles/2017/07/18/31272.html


管理人の反応

ヽ(#`Д´) ムカッ!


ネットの反応

  • 帰化の法律的な定義次第によっては虚偽事実の公表にあたる可能性があるだけに速やかな司法の判断が重要になってくる。
  • 台湾籍すら怪しくて実は中国籍疑惑。更に中国優位の判断をしていた民主政権時代があるので外患誘致罪の可能性も。
  • 扇情的な駄記事が多い中、論点を根拠と共に解説してる良記事。 こーゆー記事をもっと読みたい。(記事にちゃんと金を払えということか?)
  • 問題のない話に説明責任追求する民進党もアレだが、同じように「問題ない」とする加計学園擁護派まで追求に加わったらさらに痛い。
  • 自分に甘い蓮舫さんだなぁ。もし自民党議員がやったら火が噴くように批判するよね?。
  • 専門家と称する者が無知なのか意図的なのか、国籍法昭和59年改正前に既に多国籍を保持していた者はそのまま多国籍を保持できるという説明を省くとは狡悪。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: