ホーム

記事一覧

RSS

精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え

日本で英語教師として働いていたニュージーランド人、ケリー・サベジさん(27)が神奈川県大和市の精神科病院で身体拘束を受けたあと、心臓発作で亡くなったことを受けて、ケリーさんの母マーサ・サベジさん(60)や兄(32)らが7月19日、東京・霞が関の厚生労働記者クラブで記者会見を開き、「身体拘束はやるべきでない」と訴えた。

ケリーさんはもともと精神の病を患っていたが、今年4月下旬に症状が悪化して、神奈川県大和市にある精神科病院に入院した。その際、腰や肩、両手両足をベッドに縛り付ける器具で、10日間にわたり身体拘束された。ケリーさんは心臓発作を起こして心肺停止になり、市民病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。

遺族側は、身体拘束による「深部静脈血栓症」が死因だと考えて、病院側に診療記録を公開するよう求めている。母のマーサさんは会見で「ケリーが受けた拘束について、理解ができません。拘束されている姿にショックを受けました。本当にひどいと思いました。まるで中世の映画を見ているかのようでした」と振り返った。

<以下省略>

※引用元:

精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え

https://www.bengo4.com/iryou/n_6386/


管理人の反応

(;´Д`) グスン


ネットの反応

  • 精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え|弁護士ドットコムニュース このへんで判例が出ちゃうとこまで煮詰めると、受け入れ拒否と看護師枯渇でジャパニーズ座敷牢システムが蘇りそうな鬱くしい我が祖国。
  • 若い男性精神科患者に暴れられたら、女性ばかりの看護師が制止できるとは思えません。また医療現場は慢性的人手不足です。
  • これは困る!対策を取るべき!ドナルド・トランプ大統領になってから、薬を増やす事が不可能になった!私も心を病んでるが、治療は順調だよ!
  • 金の臭いのする所に弁護士コム有り。仕事柄、原告側として裁判傍聴してたので。色んな弁護士さんとやり取りしてまして。。。余り良いイメージが。。
  • なら聞くが、突然暴れたらだれが対処する?突然だから困るんだ。口で言うのは簡単。今回の件は行き過ぎだが。
  • 異国で治療ではく、国に一旦返してやるという選択肢がなかったのか疑問。時間は充分有ったと思うけどね。
  • 線引きが難しいと思う。患者さんの命を守るためでもあるし、でも倫理的には良いこととは言い切れないしなぁ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: