ホーム

記事一覧

RSS

<日銀>遠のく物価目標達成 総裁任期中は絶望的 決定会合


 日銀は20日の金融政策決定会合で、物価上昇率2%の目標達成時期の見通しを従来の「2018年度ごろ」から「19年度ごろ」に1年先送りした。一方で、追加の金融緩和は見送った。黒田東彦総裁は20日の記者会見で「物価上昇のモメンタム(勢い)は維持されている」と強調したが、目標達成は遠のく一方だ。

 目標達成時期の先送りは、黒田総裁が「異次元緩和」を始めた13年4月以降、6回目となる。当初は2年程度での2%達成を掲げていたが、4年以上たった今も消費者物価指数の上昇率は0.4%(5月、生鮮食品を除く)にとどまっている。黒田総裁は18年4月に任期が切れるため、任期中の目標達成は絶望的な情勢だ。

 20日の決定会合でまとめた「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」では、17~19年度の物価上昇率の見通しをそれぞれ下方修正する一方で、実質国内総生産(GDP)の成長率見通しは17、18年度を上方修正し、19年度は据え置いた。景気の現状認識も「緩やかに拡大している」とし、「拡大に転じつつある」との従来の表現から一歩前進させた。

<以下省略>

※引用元:

日銀:遠のく物価目標達成 総裁任期中は絶望的 決定会合 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170721/k00/00m/020/074000c


管理人の反応

ヽ(`Д´)ノ プンプン


ネットの反応

  • この人達は本気で考えてないよね。自分達は良い暮らしして、達成出来なくても誰も責任取らずのらりくらりと任期迄しがみついて退職金貰ってさいならだもんね。
  • 格差社会、派遣社員王国。お先真っ暗な企業。物価上昇を目論んでも、企業も国民もお金は出し渋るだろう。
  • 結局、黒田は500兆円の借金を作って辞める。日本産業は弱くなった。政府の借金1000兆円と合わせて1500兆円の借金だ。
  • 古典的手法以外まで手は尽くしたけど無理だったってことかな?任期中は無理って、交替したら方策転換だから、結局未達確定ってことだよね?
  • 安倍、黒田、竹中・・こういう奴ら(オンチや悪党)に日本経済をいじらせる事が、最初から絶望なんですけど。持ち上げるメディアの責任大。
  • 何が「モメンタム」だ。何が景気は「緩やかに拡大している」だ。夏の暑い季節なのに庶民の懐は寒くなる一方だ。どアホノミクスは大失敗だった、と言え!`_´


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

頑固オヤジ

Author:頑固オヤジ
理不尽なニュースに怒り。悲しいニュースに泣く。それが人間。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: